読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超面白いおすすめの野球漫画をまとめてみた

書籍
スポンサーリンク

野球漫画には高校野球からプロ野球まで様々な作品がありますが、今回は中でもおすすめの野球漫画を紹介したいと思います。

超面白いおすすめの野球漫画

ダイヤのA

野球の名門校である青道野球部にスカウトされ、エースになるべく奮闘する姿を描いた作品。名門校だけあってライバルとのし烈な争いが繰り広げられる中、様々な強敵と対峙し、甲子園を目指す。

ラストイニング

恩師の頼みで残り1年で廃部となる野球部の監督となった主人公は甲子園に出るために徹底的に勝つための方策を生み出す。

高校野球漫画では珍しい監督目線から見た試合描写や心理戦などが上手く描かれていて非常に読みごたえがあります。

MAJOR

プロ野球選手を父に持つ五郎の幼少期からプロ野球選手を目指す姿を描いた作品。個性的なライバルや仲間も多く登場し、吾郎が仲間とともに成長する姿は心に響きます。

MAJOR 2nd

吾郎の息子である大吾は父とは違い野球の才能に恵まれておらず野球を諦めかけていた。そこに1人の転校生が現れたことで大吾の野球人生は大きく変わり始める。

偉大な父を持つ大吾であるが父とは違い野球の才能がない所が、逆に魅力になっています。仲間やライバルとともに次第に成長していく姿に目が離せません。

おおきく振りかぶって

創設間もない野球部で部員は1年生のみ、監督は女性という状況の中仲間とともに切磋琢磨し、甲子園を目指す。

試合中は非常に細かい描写が多く、リアルな高校野球を感じることができます。他にも普段の高校生活の部分もリアルに描かれているため、野球に詳しくなくても楽しめます。

ROOKIES

不良達と熱血監督が様々な問題を抱えながら甲子園を目指す青春野球漫画。最初は川藤監督の言うことを聞かなかった生徒たちも次第に川藤監督の熱意に心を動かされ、共に成長する姿は感動させられます。

ONE OUTS

根性や努力といったことを一切排除した主人公、渡久地東亜は類まれな勝負勘と心理術でバッターを打ち取っていく。

これまでの野球漫画とは一線を掻く、心理戦はとても新鮮で読み進めるとともにどんどん面白さにハマっていきます。

ドカベン

主人公山田太郎を筆頭に、岩鬼、殿馬、里中といった個性豊かな仲間とともに甲子園を目指す野球漫画。

1人1人のキャラクターが非常に印象的で野球漫画と言ったらドカベンというほど影響を与えた作品です。

バトルスタディーズ

作者は元PL学園野球部の出身のため、リアリティーがありとても面白いです。野球部の理不尽な上下関係や厳しい練習から日常生活までリアルで読みごたえがあります。

キャプテン

キャプテンという漫画は中学野球が舞台となっていて、キャプテンが変わるとともに主人公も変わるのが特徴です。

それぞれのキャプテンに個性があってひたむきに努力する姿に胸を打たれます。

砂の栄冠

ある日突然老人から1千万円を託され七嶋は甲子園を目指すべく、猛練習を積んでいく。高校野球漫画にありがちな熱血物語というよりは高校野球の闇の部分などをリアルに表現した作品です。

グラゼニ

主人公はすごい球を投げられるわけでも強烈なキャラクターがあるわけでもない、平凡な中継ぎ投手。プロ野球の厳しい格差社会を題材にした一風変わった野球漫画です。

まとめ

 野球漫画は青春物からリアルを追及したものまで多くの作品が存在します。どれも面白い作品ばかりなのでぜひ読んでみてください。