自宅用おすすめWi-Fi無線LANルーターの選び方と製品比較!

スポンサーリンク

自宅で快適にインターネットを楽しむには無線LANルーターを設置するのがおすすめです!無線LANルーターを設置すればスマホやパソコン、ゲームなどをネットに繋げて楽しむことができます。

しかし、あまりネットの知識が無い方にとってはどの無線LANルーターを買えば良いのかわからないと思います。そこで今回はそれぞれの用途に合うおすすめの無線LANルーターを紹介していきます。

おすすめWi-Fi無線ルーター

とりあえずネットが使えれば良い方はこちら

現在、高速通信が可能な無線ルーターであれば1000Mbps以上に対応している機種も販売されていますが、価格のできるだけ安いルーターを探している方にはI-O DATA製の「WN-G300R3」がおすすめです。

I-O DATA製の無線LANルーター「WN-G300R3」は通信速度が最大300Mbpsまでと最新のルーターと比較すると高性能とは言えませんがネットや動画を閲覧する程度なら十分快適に見ることができます。

価格もAmazonで2500円ほどで購入できるのでとりあえず自宅で無線LANルーターを設置したい方に最適の機種です。

高速通信も可能で値段も手頃なルーターが欲しい方はこちら

通信速度もそれなりに速くて価格も手頃な無線ルーターが欲しいという方にはBUFFALO製の「WHR-1166DHP2/N」がおすすめです。

「WHR-1166DHP2/N」は最新規格の11acにも対応していて通信速度は最大866Mbpsと高速通信が可能となっています。

設定も非常に簡単で値段も手頃なので非常にバランスの良い無線LANルーターです。この無線LANルーターであれば動画やゲームなども問題なく楽しむことができます。

とにかく性能が良い無線LANルーターが欲しい方はこちら

価格は高めでも良いからとにかく高性能な無線ルーターが欲しい方はNECの「WG2600HP 」がおすすめです。

「WG2600HP 」は最新の11ac規格対応で最大1733Mbpsと超高速通信が可能です。WG2600HPであればNURO光のような高速回線であっても最大限まで高速化させることができます。

このルーターを買えばまず通信速度で不満が出ることはありません。ゲームや動画をストレス無く思う存分楽しみたい方におすすめです。

ホテルで無線LAN接続したい方はこちら

外出先のホテルだと場所によっては有線接続のみで無線LANに対応していない所もあるので不便に感じることがよくあります。

そのような場合はLANポートに接続するだけで簡単に無線化することができるPLANEX「MZK-UE450AC」がおすすめです。MZK-UE450AC」は最新の通信規格11acにも対応していて、最大433Mbpsの高速通信が可能です。

サイズも非常にコンパクトで手のひらに収まる程度の大きさなので持ち運びも非常に楽です。

高速通信にはLANケーブルも重要

オンラインゲームなど通信環境を安定させたい場合は無線よりも有線で接続している方も多いと思います。ただ、1つ注意が必要なのは何年も前に購入したLANケーブルを使用していると本来出るはずの速度が出ていない可能性があるということです。

LANケーブルにはそれぞれカテゴリが存在し、数字が大きいほど高速通信に対応しています。現在主流なのはカテゴリ5eや6といった規格でこれらのカテゴリは最大1Gbpsまで対応しています。

もしも現在使用しているLANケーブルのカテゴリが5以下だった場合、最大で100Mbpsまでしか速度が出ないのですぐに新しいLANケーブルを購入してください。

せっかく高速通信に対応したルーターを購入してもLANケーブルが古くては意味がありません。

とりあえずカテゴリ6のLANケーブルを購入しておけば高速通信が可能です。

まとめ

自宅で快適にネットを楽しむには無線LANルーターは欠かせないものです。最近の製品は知識が無い方でも簡単に接続できるようになっているので心配ありません。

みなさんも無線LANルーターで快適なネットライフを楽しみましょう!