読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルサンの種類とマンションでの使い方

スポンサーリンク

4月~5月頃になる気温も上がり、ゴキブリが活動しだすのでゴキブリの発生を抑えるには、この時期にしっかりとゴキブリ対策を施すことが大切です。

ゴキブリ対策にはバルサンなどの殺虫剤を使用するのが効果的ですが、バルサンの使い方や注意点などをここでは紹介したいと思います。

バルサンの種類

バルサン

バルサンの中でもスタンダードなタイプで、ゴキブリ、ノミ、ダニ、トコジラミ(ナンキンムシ)、ハエ成虫、蚊成虫の駆除ができる。

バルサンプロEX

バルサンの中でも一番効き目の高い商品。チャバネゴキブリから大型ゴキブリまで徹底的に退治してくれます。

香るバルサン

霧タイプのバルサンで火災報知器に反応しないため、使いやすい。使用中は良い香りが漂うので、嫌なニオイが残りません。

バルサンいや~な虫

ムカデ、ゲジ、カメムシ、チャタテムシ、シバンムシ、イエヒメアリを駆除してくれるバルサン。ムカデやゲジゲジが発生しやすい一戸建て住宅の方におすすめです。

煙タイプと霧タイプの違い

バルサンには煙タイプと霧タイプの2種類が販売されていますが、それぞれにはいくつかの特徴があります。

煙タイプ

  • 煙が部屋の隅々まで届く
  • 火災報知器が反応する

霧タイプ

  • ニオイが残りにくい
  • 火災報知器が反応しない

昔はバルサンと聞くと煙を焚いて部屋中に殺虫成分を充満させるイメージがありましたが、最近は煙が出ない霧タイプの方が人気があります。

煙タイプだとマンションやアパートに住んでいる方だと近所に迷惑が掛かるかもしれないという思いから、霧タイプを選ぶ人が増えています。

霧タイプであれば、部屋中が煙だらけになることもありませんし、嫌なニオイも残りにくいので手間が掛からないのが良いのだと思います。

バルサンの効果

部屋にいるゴキブリを根絶やしにできる

バルサンのスゴイ所は、1回の使用で部屋中のゴキブリ、ダニ、ノミを駆除できることです。バルサンには煙タイプと霧タイプがありますが、ゴキブリなどの害虫の駆除を一気に行いたい時に非常に便利です。

引越し時のバルサン

引越し前にバルサンを使用すれば、部屋の中は荷物がまだない状態なので、殺虫成分が部屋の隅々まで行き渡りますし、準備も簡単なのでおすすめです。築年数の古い物件だとゴキブリが潜んでいる可能性もあるので、万全の対策をしておくと安心です。

バルサンに持続性はない

バルサンは基本的に使用した時点で部屋の中にいるゴキブリを駆除するための物なので、据え置き型(ブラックキャップなど)のような数か月に渡り、効果の持続する商品とは違います。ですから、ゴキブリの発生を防ぐにはバルサンとブラックキャップなどを併用して使用する必要があります。

ゴキブリを発生させないようにするには、ブラックキャップなどの毒餌を設置し、ゴキブリの活動が活発になる4月頃にバルサンを使用してゴキブリの繁殖を防ぐのが効果的です。

バルサンの使い方

  1. 部屋の窓を閉め切り、害虫が潜んでいる戸棚、引き出し、押し入れなどを全て開放する。
  2. 煙が触れないように食品、食器、おもちゃ、寝具、衣類、などはビニールシートや新聞紙でカバーをするか、部屋の外に出す。
  3. 煙が触れないように、テレビ、パソコン、電気機器などにはカバーを付ける。
  4. ペットや植物、観賞魚などは外に出す。
  5. ガス警報器、火災警報器は反応しないように、袋などで覆う。

霧タイプの場合

  1. 部屋の床面のほぼ中央に置き、火災報知器に直接かからない方向に噴射口を向ける。
  2. ボタンを指で押してカチッと音がして固定される位置まで押し込む。
  3. 霧が出始めたら外に出て最低1時間は部屋を閉め切る。
  4. 使用後は窓や扉を開け、十分換気してから中に入る。
  5. 死骸などを掃除するため掃除機を掛ける。

バルサンは卵には効かない?

バルサンはゴキブリの幼虫や成虫などには効き目がありますが、卵の段階では効き目がないので、卵まで駆除することはできません。ですから完全に駆除するならバルサンを一度使用してから2週間後にもう一度バルサンを使用すると孵化したばかりのゴキブリも退治できるのでおすすめです。

バルサンを使用する際の注意点

バルサンの煙タイプを使用する場合は、火災報知器が反応しないようにカバーを掛ける必要があります。他にも食器や電気機器、衣類なども薬剤が触れないようにカバーを掛けるようにしましょう。

またペットを飼われている方は部屋の外に出し、使用後も十分に換気した状態にしてから戻すようにしましょう。

また赤ちゃんがいるご家庭でバルサンを使用する場合は、しっかりと床掃除を行えば特に問題はなさそうです。

最強のバルサンはバルサンプロEXで決まり

とにかく部屋にいるゴキブリを全て駆除したいと思うならバルサンプロEXが一番おすすめです。バルサンプロEXはバルサンの中でも一番効き目が強く、チャバネゴキブリから大型ゴキブリ、ダニ、ノミまで徹底的に駆除してくれます。

バルサンと聞くと煙が出るタイプを想像しますが、最近は火災報知機に反応しない霧タイプの方が人気が高いので、賃貸にお住まいの方も霧タイプを選ぶと安心です。

ブラックキャップも併用しよう

バルサンはあくまでも使用した時点でいるゴキブリを駆除するものなので、持続してゴキブリを発生させないようにするには据え置き型の駆除剤を使用する必要があります。

据え置き型の駆除剤ではブラックキャップが一番効き目が高いので、バルサンと併用して使用するのがおすすめです。

まとめ

ゴキブリは4月~5月頃になると気温が上がり活動が活発になるので、その時期を目安にバルサンを使用すれば、ゴキブリの発生を防ぐことができます。

ゴキブリは繁殖力が高いため、事前にしっかりと対策をしておかないと夏頃に大変な目に遭うので、早めに対策を立てるようにしましょう。