読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校野球で沖縄・浦添商が雨天コールドにより8回表に逆転も敗退

コラム
スポンサーリンク

7月9日に行われた第98回全国高校野球選手権大会沖縄大会3回戦、小禄―浦添商(沖縄セルラー)の試合で、八回表を終えて1点リードしていた浦添商が、降雨コールドにより7―8で敗れた。八回裏小禄の攻撃を終えないまま雨が強くなったため、試合続行は不可能と判断、七回裏終了時点でリードしていた小禄の勝ちとなった。

この試合は7回まで小禄が7ー6と1点リードしていたのが、8回表に浦添商が2点を取って8-7と逆転しました。しかし、8回裏に雨が強まりそのまま試合続行が不可能と判断され規定により8回表の浦添商の攻撃は無効となり7回終了時点で1点リードしていた小禄が雨天コールドにより勝利しました。

ルールとはいえこのような試合の終わり方は浦添商はもちろんのこと小禄側も納得できない終わり方だと思います。

実際に審判が雨天コールドを宣言した後も浦添商のメンバーはベンチ前でキャッチボールを行いまだ試合ができることを必死にアピールしていました。

ただ、ツイッターで球場の写真がアップされていたのを見るとかなりグラウンドに水たまりが出来ていて試合を続行するのはかなり難しい状況であるのがわかりました。

高校野球は雨などで試合が流れると日程の都合もあるため、このようなルールが存在するのは致し方がない面もありますが、3年間厳しい練習を繰り返してきた選手にとってはとても残酷な幕切れだと思います。

試合後には審判団に抗議する方も多数おられたようですが、審判もほとんどの方が野球経験者であるので最後までプレーさせたいという気持ちはもちろんあったと思います。

今回のように雨天コールドによる終了は高校野球の予選では度々起きていることです。理想としては翌日以降にイニングの途中から試合を再開するか、ノーゲームとして再試合を行うのが一番良い方法だと思います。

実際に今回の出来事がネットで拡散されると抗議の声やルールだから仕方がないという意見など様々な意見が述べられていました。

今回の出来事がきっかけとなり高野連でもう一度全員が納得できるように議論を交わすべきなのかと感じています。