二日酔いに効果的なウコンは肝臓にも良い?

スポンサーリンク

忘年会や新年会などの飲み会でついつい飲み過ぎてしまい、翌朝起きたら二日酔いになっていたなんて経験をしたことがある人も多いと思います。

若いうちは多少無理して飲んでもあまり問題ないかもしれませんが、年齢を重ねてくると健康にも気を使うようになるため、飲み過ぎには注意したいものです。

二日酔いに効果的な物と言えば「ウコン」がよく上げられますが、ウコンの効果を最大限に発揮するにはいつどのタイミングで飲むのが良いのでしょうか。

そこで今回はウコンの効果や飲むタイミングなどについて紹介したいと思います。

ウコンが二日酔いに効く理由

ウコンと言えば二日酔いの時に飲む物としてイメージがありますが、そもそもなぜ二日酔いにウコンを飲むのが良いのでしょうか。

ウコンには主に「春ウコン」「秋ウコン」「紫ウコン」などの種類がありますが、二日酔いに効果があるのは秋ウコンです。

秋ウコンには肝機能を高める、クルクミンが多く含まれているため、二日酔いに効くとされています。

二日酔いはアルコールをたくさん摂取することで、アセトアルデヒドという物質の排出が追いつかなくなり、身体の中に残ってしまうことで頭痛や吐き気といった二日酔いを引き起こします。

クルクミンを摂取することで肝機能を高め、毒素を排出しやすくすれば、二日酔いになりにくくなります。

ウコンを飲むタイミング

人によって飲酒前にウコンを飲む人もいれば飲酒後に飲む人もいますが、二日酔いを予防するためにはウコンはどのタイミングで飲むのが良いのでしょうか。

基本的に二日酔いを予防するには飲酒前にウコンを飲むのが効果的とされています。

飲酒前にウコンを飲むことで肝機能を高め、アルコールを分解、排出しやすくしてくれます。

 できれば飲酒の30分~1時間前にウコンを飲むのがおすすめです。

では飲酒後にウコンを飲むのは意味がないのかと言うとそういうわけでもありません。

飲酒後にウコンを飲むことは肝臓だけでなく、胃腸の調子も整えてくれるため、飲酒前と飲酒後どちらも飲んでおくとより二日酔いになりにくくなります。

副作用はあるの?

ウコンは肝臓に良いとされ、毎日のように飲んでいる方もおられますが、過剰に摂取すると副作用が出ることもあるようです。

特に肝硬変や肝炎などの症状を持つ方がウコンを過剰に摂取すると肝臓に鉄分が蓄積され、症状が悪化することがあります。

もちろん健康な方もウコンを摂りすぎるのは肝臓に良いことではないため、過剰摂取は禁物です。

適切な量を飲むことは肝臓に良いとされていますが、過剰に飲み過ぎると肝臓への負担が大きくなることをしっかりと認識しておきましょう。

ウコンは美容にも良い

ウコンは二日酔いを予防するために飲むというイメージが強いですが、実は美容にも良いと言われています。

特に秋ウコンに多く含まれているクルクミンは腸で吸収されると、テトラヒドロクルクミンという抗酸化作用の強い成分に変化するため、肌の老化を防止してくれます。

他にもクルクミンの働きにより胆汁の分泌量が増え、コレステロールや中性脂肪を低下させることができます。

二日酔いだけでなく美容にも効果があるのは驚きでしたが、ウコンはそれだけ優れた食材ということです。

ウコンを摂るならサプリがおすすめ

ウコンを手軽に摂るならサプリメントがおすすめです。

サプリなら持ち運びも楽ですし、さっと飲むことができるので飲み会も安心です。

琉球ウコン

無農薬で栽培された琉球ウコンには二日酔いに効くとされるクルクミンがたっぷり含まれています。

サプリメントも1粒が小さくなっていて非常に飲みやすく外出先でも手軽に飲むことができます。

価格は通常価格1620円のところ、送料無料で38%OFFの税込1000円となっています。

公式サイトはこちら⇒琉球ウコンハーフパック

秋ウコンホワイト

ウコンエキス末を業界最高1粒50mg配合したサプリ。飲み会が多い時期に強い味方になってくれます。

ウコン独特の苦みや臭みがないため、そのまま噛んで食べられます。

価格は2750円(税抜)で送料無料となっています。

公式サイトはこちら⇒秋ウコンホワイト

まとめ

年末年始など飲み会が続く時期は何かとウコンに頼ることが増えると思います。

みんなでワイワイお酒を飲みながら楽しむのも良いですが、健康のことも少しは考えてお酒の飲み過ぎには注意して、ウコンで身体を労わってあげましょう。