読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月の土地は詐欺なの?

スポンサーリンク

みなさんもいつかはマイホームが欲しいなんて思うかもしれませんが、実は月の土地を購入できるというのはご存知ですか?

月の土地を購入できるなんて夢みたいな話ですが、実際に「ルナエンバシージャパン」という会社が月の土地の販売を行っているそうです。

そもそも月の土地は宇宙条約によってどこの国も所有することができないと決められているため、国家が月を所有することは禁じられています。

しかし、宇宙条約では個人の所有に関しては何も書かれていないため、それに目を付けたデニスホープ氏が行政機関に月の所有権の申し立てを行い受理されたことで、そこから月の土地が販売されるようになりました。

月の土地の価格はどのくらい?

月の土地を買えることはわかりましたが、そもそも月の土地を買うにはどれくらいのお金が必要なのでしょうか?

ルナエンバシージャパンの公式サイトを見ると、1エーカー(約1200坪)2700円で購入できるそうです。1200坪の土地がたった2700円で購入できるというのは驚きですが、安さもあって友人や恋人へのプレゼントとして購入する方もいるようです。

月の土地の販売は詐欺になるのか?

月の土地の販売に関しては一部の人の間では詐欺に当たるのではないかと言う意見もあるようです。確かに月の土地の販売までの経緯を見ると、個人が勝手に販売をしている印象が少なからずありますが、現時点の法律では詐欺とは言えないと思われます。

しかし、今後月の土地に関する法律が変わる可能性もあるので、いつまで自分の土地を所有できるのかは実際はわからない所です。

でも月の土地をはく奪されたところで、大した金額ではありませんし、日常生活に影響ができることも無いのであまり関係ないのかもしれません。

これまでに月の土地を購入した人数は100万人を超えていて、有名人でも月の土地を購入している人もいるようなので、月の土地を所有することに憧れている人は結構いるようです。

正直月の土地の購入に関しては、月の権利書が貰えることで自分が月の土地の所有者になれることへの満足感を満たすものに過ぎないと思います。

月の土地を購入するには

月の土地は日本でも2002年から販売が開始され、ルナエンバシージャパンの公式サイトに行けば購入することができます。サイトはすべて日本語で閲覧できるため、日本人でも気軽に購入可能です。

購入の際に特別な手続きは必要なく、通販で商品を買うのと同じような感覚で月の土地を購入することができます。

月の土地を購入すると月の土地の権利書や月の憲法などの書類が送られています。

商品内容

  • 月の土地権利書/月の憲法/月の地図
  • 月の土地権利書(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)
  • 土地所有権の宣言書コピー(英文)
  • オリジナル封筒

サイズ
権利書:縦35.5cm×横28cm
オリジナル封筒:縦38cm×横30.5cm

公式サイトはこちら⇒月の土地が贈れる「MOON GIFT CARD」