ペットボトルの炭酸を抜けないようにするには炭酸キーパーがおすすめ!

スポンサーリンク

コーラやサイダー、ファンタなど喉が渇いた時に飲む炭酸飲料はとても美味しいものですが、炭酸飲料は一度キャップを開けてしまうとどんどん炭酸が抜けていってしまうので早めに飲まないと気の抜けた美味しくない状態になってしまいます。

炭酸飲料は炭酸のシュワシュワ感があることで美味しく飲めるので炭酸が抜けたらただの甘ったるいジュースのようで全然美味しくありません。

特に1.5Lのペットボトルだと何日間かかけて飲むので最後の方はほとんど炭酸が抜けてしまい開けたばかりに飲んだ時とは全然美味しさが変わってしまいます。

ペットボトルの炭酸が抜けない方法

どうにかして炭酸が抜けない方法はないかとネットで検索してみるとペットボトルを潰すことでペットボトル内の空気の量を減らし真空状態に近づけることで炭酸が抜けにくくする方法やペットボトルを逆さまにすることでキャップから炭酸が抜けるのを防ぐやり方などがありました。

実際にそれらの方法を試したところ、多少炭酸が抜けにくくなっているような気がしましたが、それほど変化を感じることができなかったので少々期待外れでした。

そんな中実践してみて効果を一番感じたのは炭酸が抜けないキャップを使用することでした。

最近は炭酸を抜けにくくする「炭酸キーパー」と呼ばれる商品が販売されているらしく、レビューを見てみると炭酸が抜けにくくなったという口コミが書かれていたので興味本意で購入することにしました。

炭酸キーパーはペットボトルに付いているキャップの代わりに付け替えて、ポンプを押すことでペットボトル内の空気圧を高めて、炭酸を抜けにくくする商品です。

実際に試したところ、今までは1.5Lの炭酸飲料だと最後の方はほとんど炭酸が抜けた状態だったのが、炭酸キーパーを使うようになってから残り少なくなっても明らかにシュワシュワ感が以前よりも残っているのがわかりました。

ただ、さすがに何日間か経つとキャップを開けた直後のシュワシュワ感は無いのであくまでも炭酸を抜けにくくする効果があるということです。

他にも500mlのペットボトルでも試してみましたが、量が少ない分ペットボトル内の空気も少ないのでいつもより炭酸が抜けにくくなっているのがわかりました。

キャップを開けるときは蓋を開ければ簡単に飲むことができるので結構便利です。

あと結構以外に面倒臭いと思ったのが毎回ペットボトル内の空気圧を高めるためにポンプを20回程度押す必要があるのですが、飲むたびに毎回やるとなると面倒だなと思う時もあります。

ただ、これで炭酸が抜けにくくなって美味しく飲めるのであれば多少は我慢できるレベルかなと思いました。

あともう一つに気になるのは結構壊れやすいことです。何回か使っているとポンプの部分が裂けてしまい空気がそこから漏れてしまったり、キャップ自体が壊れてしまうことがあるので使用する際はあまり乱暴に扱わないようにした方が良さそうです。

まとめ

今まで炭酸飲料を買う場合、1.5Lの方が大容量で安く購入できるので買っていましたが、いつも最後の方は炭酸が抜けてしまいあまり美味しくないのが悩みでした。

ただ、炭酸キーパーを使用するようになってから残り少ない状態でもシュワシュワ感が残っていて美味しく飲むことができるので買って良かったと思います。

値段はだいたい500円で買えるのでシュワシュワの炭酸を飲みたい方は一度試してみると良いでしょう。