読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スリムトレーナーTR H-7218の使い方

筋トレ
スポンサーリンク

今から数か月前になりますが、最近お腹がたるんでいてちょっと鍛えないといけないと思い腹筋ローラーを購入しました。私が購入したのはジスタス スリムトレーナーTR H-7218という製品で1500円ほどで買うことができました。

腹筋ローラーは至ってシンプルなトレーニング器具ですが、効果は非常に高いので自宅で身体を鍛えるには最適な商品です。

そこで今回は腹筋ローラーの使い方とスリムトレーナーTR H-7218を使用した感想をまとめてみました。

想像していたよりも腹筋ローラーはキツイ

私は腹筋ローラーを初めて購入したのですが、思ったよりもサイズも小さくて軽いので置き場所にも困らなそうです。以前から腹筋ローラーには興味があって効果的に腹筋を鍛えることができると聞いていたのでこれを使えば腹筋を割ることができるのかとわくわくしていました。

早速、腹筋ローラーを使用してみたのですが、想像していたよりもかなりきつくて膝を付いたままでないと1回もできないほどでした。学生時代は運動部に所属していたので多少は体力に自信はあったのですが、自分の筋力の無さに驚きました。

ネットで色々と腹筋ローラーを使用した動画などを見てみると初心者の場合いきなり膝を付かない状態で使用するのは結構キツイみたいで最初は「膝コロ」と呼ばれる膝を付いた状態で行うのが良いみたいです。

 「立ちコロ」と呼ばれる膝を付かない状態だと1回もできませんが、「膝コロ」なら10回程度はできるので最初は「膝コロ」の姿勢で腹筋ローラーを使用していました。

腹筋ローラーの効果的な使い方

腹筋ローラーは私のように筋力が弱い方は「膝コロ」状態から始めるようにしましょう。筋力が弱い女性でも膝を付いた姿勢なら何回かローラーを転がすことが出来ると思います。

だいたい10回を目安に2~3セット行い、それを週に4~5回行うのが効果的です。ローラーを転がす際は背筋を伸ばし背中が丸まらないように意識するようにしましょう。ローラーは限界まで伸ばし、そこからゆっくり戻すのを繰り返してください。

もしもローラーを伸ばすのがキツイという人は行ける所まで伸ばして徐々に伸ばせる距離を長くしていくようにしましょう。

腹筋ローラーを使用してみるとわかりますが、腹筋ローラーは腹筋以外にも腕や肩、背中の筋肉も鍛えることができるので最初の頃は腹筋以外にも筋肉痛になる部分が出てくると思います。

だんだん慣れてくると筋肉痛にも成りにくくなります。私は現在腹筋ローラーを始めて3ヶ月ほど経ちましたが、「立ちコロ」状態でも何回かはローラーを転がせるようになりました。

ジスタス スリムトレーナーTR H-7218のレビュー

私が現在使用しているジスタス スリムトレーナーTR H-7218は見た目はすごいシンプルですが、ローラーも転がりやすくて今のところ、壊れるように気配もありません。

価格も1500円ほどなのでトレーニング器具としては手頃な商品だと思います。スリムトレーナーはタイヤが2つ付いているので安定感もありますし、接触面がゴムで出来ているためフローリングの上で転がしてもフローリングを傷つける心配もありません。

 また、グリップ部分も滑りにくくなっているので力を入れている時にグリップが外れるようなこともありません。

スリムトレーナーはサイズも思ったよりも小さくて軽いので置き場所にも困らないのも助かります。

フローリングの傷が気になる方はヨガマットがおすすめ

スリムトレーナーはフローリング上で転がしても傷が付く心配はほとんどありませんが、100%傷が付かない保証は無いので心配な方はヨガマットなどを下に敷いて行うのがおすすめです。

特に賃貸マンションに住んでいる方は下階への騒音や傷が付くかもしれないという余計な心配をするよりもヨガマットを敷いた方が安心だと思います。

まとめ

腹筋ローラーは価格も手頃で腹筋を鍛えるのに優れたトレーニング器具だと思います。ローラーを転がすだけならそれほど場所も取らないので自分の部屋でトレーニングできるのも大きなメリットです。

私も腹筋ローラーを使用するようになってから少しずつではありますが、腹筋が引き締まってきています。初めは思ったよりもキツイので慣れるまで時間が掛かりますが、徐々に筋肉が付いてくれ膝を付かなくてもローラーを転がせるようになると思うので頑張ってトレーニングを続けましょう。