読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学の本でおすすめ10選

スポンサーリンク

世の中には心理学に興味を持っている方が結構いますが、心理学を勉強しておくとよりコミュニケーションが取りやすくなったり、人間関係が楽になったりします。

恋愛、仕事、友人など心理学が役立つシチュエーションはたくさんあるので心理学を学ぶメリットは大きいです。

そこで今回はおすすめの心理学本をいくつか紹介したいと思います。

心理学のおすすめ本10選

嫌われる勇気

心理学の第一人者であるアドラーの思想を対話形式でまとめた書籍です。この本は良い意味で予想していた内容を裏切っていて、自分が今まで持っていた概念を覆させられました。

何回も読み返すことで理解がより深まる本です。

「なるほど!」とわかる マンガはじめての恋愛心理学

恋愛に関する心理学をわかりやすく解説してくれているため、最後までスラスラ読むことができました。漫画形式なので活字が苦手な方でも読みやすいと思います。

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

人間の心理はしぐさに出やすいということが良くわかる本です。この本を読めば今あの人は緊張しているなどちょっとしたしぐさの違いで理解できそうなので勉強になります。

人の心を一瞬でつかむ方法

スピーチや恋愛などで人を惹きつける魅力のある人がいますが、この本は人を惹きつけるための方法を学ぶことができる本です。

魅力的な人間というのは自然とそのような行動がとれる人のことを言うのだと感じました。

リーダーのための経営心理学

営業やマーケティング、マネジメントなどビジネスにおいて心理学は活用できる場面が多いと感じます。この本は実例を挙げつつ解説してくれるのでとても読みやすかったです。

子育ては心理学でラクになる

子供に対する接し方でなるほどと思うことが多く書かれていて、目から鱗でした。子育てで子供に対してイライラしやすい人はぜひこの本を読んでみてください。

子供に対する接し方が変わると思います。

マンガでやさしくわかるアドラー心理学

アドラー心理学に興味を持たれた方が入門書として読むのにおすすめの一冊です。漫画形式のため、内容も頭に入りやすく初心者の方でも理解しやすと思います。

組織も人も変わることができる!なぜ部下とうまくいかないのか「自他変革」の発達心理学

この本は部下の事で悩む課長と人材コンサルタントとの対話形式によりコミュニケーションやマネジメント、育成法などについて解説してくれます。

会社での部下との接し方や育成法などがわからない方におすすめの本です。

ポジティブ・チェンジ

どうしたら自分を変えられるのか、中々変わることができない人にどうすれば変わることができるのか教えてくれる本です。

どちらかというと自己啓発本という印象ですが、自分を操るという意味では有効な心理術が多数解説されています。

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れを取る技術

仕事に対してやる気がでない、何だか憂鬱な日が続く、といったメンタルにムラがある人に心のマネジメント方法を教えてくれる本。

過剰なストレスにさらされメンタルが不安定になりがちな人にぜひ読んでほしい一冊です。

まとめ

心理学を学ぶことでなぜあの人はあのような行動を取るのかなど理解することができるのでとても便利です。

どの本を読めば良いのかわからないという方はまず一冊を熟読して、実践してみるのがおすすめです。