読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下痢や便秘の改善に効果的なおすすめの整腸剤をまとめてみた

スポンサーリンク

お腹が元々弱い人は外出中に突然腹痛に見舞われることが多いので悩んでいる方も多いと思います。

私もあまりお腹は強い方ではないので万が一お腹が痛くなってもすぐにトイレに行けるようによく降りる駅のトイレの場所は把握するようにしています。

下痢や便秘に悩まされている人の多くは腸内環境が悪化している可能性が高いです。整腸剤は悪玉菌によって悪化した腸を善玉菌を増やすことで腸内環境を整えてくれます。

ただ、整腸剤と言っても商品によって乳酸菌の種類は違うのでどの商品を選べば良いのかわからないと思います。

そこで今回はおすすめの整腸剤を紹介していきます。

整腸剤の効果

下痢や便秘の改善

整腸剤によって腸内の善玉菌を増やすと腸の活動が正常に戻るので便秘や下痢に悩まされている方は整腸剤を飲むことで腸内環境を整える作用があります。

腸内の悪玉菌が増えると身体に何らかの不調が生じることがあるので健康でいるためには善玉菌の数を増やすことが大切です。

副作用のリスク

整腸剤を服用する上で気になるのは副作用のリスクについてですが、基本的に整腸剤の多くは乳酸菌やビール酵母といった成分を配合しているため、副作用のリスクは少ないです。

ですから腸内環境を改善する意味でも毎日服用した方が善玉菌も増え、下痢や便秘の改善をもたらしてくれます。

ただ、人によってはかゆみや便秘、下痢などの症状が出ることもあるので、何かしら体調に変化を感じたらすぐに服用を中止してください。

整腸剤と下剤の違い

便秘に悩まされている方で下剤を服用している方も多いと思いますが、下剤は強制的に排便を促す効果があるのに対して整腸剤は腸内の善玉菌を増やし腸の環境を整えることで便秘を改善する効果があります。

下剤には短時間で排便を促す効果がありますが、その分腸への負担も大きくなるので常用するのはリスクがあります。

便秘を根本的に改善するためには整腸剤を服用し、腸内環境を改善することが重要です。下剤を常用してしまうと自分で排便する力が弱まってしまい、より便秘を悪化させてしまうリスクがあるので下剤の常用は避けるようにしましょう。

おすすめの整腸剤

整腸剤の多くは腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減少させることで整腸する作用があります。同じ整腸剤であっても商品によって含まれている菌や成分が違うのでどれが自分に合うのかを見つけることが大切です。

人によっては高い効果を感じる整腸剤であっても、他の人だとあまり効果がないということも多いので、何種類か試してみるのがおすすめです。

エビオス錠

エビオス錠にはビール酵母やビタミンB群、ミネラル、必須アミノ酸など体調を良くするのに欠かせない栄養素が多く含まれています。

ビール酵母には食欲増進や善玉菌を増やす作用があり、人気の高い整腸剤の一つです。

私の場合はエビオス錠がお腹に合うらしくいろいろ試した結果、一番効果を感じたので今はエビオス錠を飲んでいます。

用法容量は1日3回一回につき10錠となっています。

エビオス錠を使用した感想はこちらで見ることができます↓

新ビオフェルミンS

新ビオフェルミンSは「ビフィズス菌」「フェーカリス菌」「アシドフィルス菌」の3種類の乳酸菌が含まれています。

これらの乳酸菌はヒト由来の乳酸菌のため定着性が高く優れた整腸効果を発揮してくれます。新ビオフェルミンSは1日9錠飲むだけで良いので他の乳酸菌入りの整腸剤と比べると飲む量が少なくて済みます。

用法容量は1日3回一回につき3錠となっています。

新ラクトーンA

新ラクトーンAは 新ビオフェルミンSと同じ「ビフィズス菌」「フェーカリス菌」「アシドフィルス菌」の3つの乳酸菌が配合されています。

また、新ラクトーンAには乾燥酵母が配合されていて乳酸菌の発育促進効果を発揮してくれます。新ラクトーンAは新ビオフェルミンSと成分が同じですが、1日につき18錠飲む必要があるのでビオフェルミンよりも飲む量は多いです。

用法容量は1日3回一回につき6錠となっています。

パンラクミン錠

パンクラミン錠は「ラクボン」という乳酸菌が腸内環境を整え、便秘や軟便を改善してくれます。「ラクボン」は生きたまま腸まで届きます。

用法容量は1日3回一回につき3錠となっています。

ミヤリサン

ミヤリサンは酪酸菌「宮入菌」が配合された整腸剤で、腸内において発育し、有機酸(酪酸、酢酸)並びにビタミンB群を産生し、腸内有益菌(ビフィズス菌・乳酸菌)の発育を助長し、腐敗や異常発酵の原因になる有害細菌の発育を抑制して腸の働きを正常にしてくれます。

用法容量は1日3回一回につき6錠となっています。

強力わかもと

強力わかもとは「ビール酵母」「乳酸菌」「消化酵素」によって胃もたれ、便秘、滋養強壮に効く整腸剤です。

強力わかもとは整腸効果だけでなく胃を元気にしてくれ働きもあるため、食欲不振にもおすすめです。

 用法容量は1日3回一回につき9錠となっています。

ガスピタンa

ガスピタンaは消泡剤(ジメチルポリシロキサン)が胃や腸内に発生したガスを吸収し、おなかの膨満感を改善します。

また、3種類の乳酸菌(フェカリス菌、アシドフィルス菌、ビフィズス菌)が、おなかの調子を整えてくれるので整腸作用もあります。ガスによるお腹の膨満感に悩んでいる方におすすめです。

ビオスリーHi錠

ビオスリーHi錠は乳酸菌、酪酸菌、糖化菌の3種の有益菌が配合された生菌整腸剤です。これらの有益菌が増殖することで腸内のビフィズス菌を増やし、便秘や軟便といった症状を改善してくれます。

ラッパ整腸薬BF

ラッパ整腸薬BFはお腹にガスが溜まる方やお腹の張りに悩まされている方におすすめの整腸剤です。消泡成分ジメチルポリシロキサンが胃や腸管内に溜まったガスの吸収と排出を促進し、3種類の乳酸菌が腸内環境を整えてくれます。

ヤクルトBL整腸薬

ビフィズス菌とカゼイ菌で構成されたヤクルトBL整腸薬は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善してくれます。便秘や軟便、ガスでお腹が張るなどで悩まされている方におすすめです。

まとめ

整腸剤は商品によって配合されている乳酸菌が違うのでどれが自分の身体に一番合うのかは実際に飲んでみて試すしか方法はありません。

だいたい1週間~2週間ぐらい飲めば便の状態やお腹の調子に変化が出てくるはずです。

今回紹介した整腸剤はどれも評判が高く、多くの方に飲まれている商品なのでみなさんもどれかしら一つは自分に合う整腸剤が見つかると思います。

便秘・下痢の改善には黒梅日和

通勤中やどうしても抜けられない会議中などに突然やってくる腹痛に悩まされている方も多いと思います。

急な下痢に襲われないようにするためには身体の内側から改善することが大切です。

そこでおすすめなのが下痢対策サプリ「黒梅日和」です。

黒梅日和は下痢や軟便を根本から解決するサプリで身体の良い自然由来の梅肉エキス、紫ウコン、アロニアエキスが配合されています。

公式サイトによると9割近い方が効果を実感したというデータが残っています。

公式サイトはこちら⇒下痢対策に『黒梅日和』