プリザエースとボラギノールを実際に使用して比較してみた

スポンサーリンク

数か月前から排便時に肛門が痛くてしょうがなかったので、初めて痔の薬を購入しました。今までは肛門が痛くても何日か経てば自然と痛みが無くなっていたので我慢できていましたが、最近便秘気味なのが影響して排便時に今まで以上に負担が掛かるようになり、とうとう我慢できなくなりました。

痔の痛みは正直あまり人に知られたくないことだったので、とりあえず薬を購入することにしました。

最初はボラギノールから試しました

私は痔の薬に関する知識がほとんどなく、知っているのはボラギノールぐらいでしたが、ドラッグストアに行くとボラギノール以外にも痔の薬が売っていてどれが良いのかわからなかったので、とりあえず一番知名度のあるボラギノールを買いました。

私の中で何となく痔の薬と効くと座薬のイメージがありましたが、痔の薬には座薬以外にも軟膏と注入軟膏という種類があって、痔の場所によって使い分ける必要があるようです。

私の痔は肛門の中に出来ている感じだったので、買うなら注入軟膏か座薬のどちらかの選択になりましたが、注入軟膏の方が使いやすそうだったので注入軟膏を購入しました。

私が購入したのは10個入りの商品だったので、10日間毎日寝る前に注入軟膏を肛門に注入しました。

最初はちゃんと注入できるのか不安でしたが、実際にやってみると思ったよりも簡単に薬を注入することができました。

痛みはかなり治まった

ボラギノールを10日間使用した所、痔の痛みはかなり治まりました。正直薬を使用する前は、排便時にかなり痛みがあったので、毎回トイレに行くのが憂鬱でしたが、痛みがかなり軽減したおかげで、スムーズに排便できるようになりました。

ただ、使用したのが10日間という短い期間だったため、完全には治りきっておらず、まだ完治したとは言えない状態でした。

プリザエースを使ってみた

ボラギノールを全部使い切ってしまったので、またドラッグストアでボラギノールを買おうと思ったのですが、どうせなら別の薬の比較しようと思い、プリザエースという薬を購入することにしました。

なぜプリザエースを選んだかと言うと、使用されている成分がボラギノールよりも多く、何となく効きそうな気がしたからです。

プリザエースとボラギノールの成分比較

ボラギノールの成分

  • プレドニゾロン酢酸エステル 1mg
  • リドカイン 60mg
  • アラントイン 20mg
  • ビタミンE酢酸エステル(トコフェロール酢酸エステル)50mg

プリザエースの成分

  • ヒドロコルチゾン酢酸エステル 5mg
  • リドカイン 60mg
  • アラントイン 20mg
  • トコフェロール酢酸エステル 60mg
  • 塩酸テトラヒドロゾリン 1mg
  • l-メントール 10mg
  • クロルヘキシジン塩酸塩 5mg

ボラギノールとプリザエースの成分を比較してみると、痛みやかゆみを鎮めてくれる「リドカイン」や傷の治りを早めてくれる「アラントイン」と言った成分は同じですが、プリザエースの方が使用されている成分が多いことがわかります。

特に「塩酸テトラヒドロゾリン」と「クロルヘキシジン塩酸塩」は患部の出血を抑えたり、細菌を殺菌する作用があります。

プリザエースの方が効き目がある

プリザエースの注入軟膏もボラギノールとほとんど形も一緒で使い方もとても簡単でした。

私が両方を使用してみて思ったのはプリザエースの方が痛みを軽減したり、出血を抑えたりする効果が高いということです。

おそらくプリザエースの方が出血を抑えたり、細菌を殺菌してくれる成分が余分に配合されていることが関係していると思います。

私の中では痔の薬と言うとボラギノールというイメージが強かったので、この結果は予想外でした。

プリザエースを使っていて唯一気になるのはメントールが配合されているため、薬を注入した後に肛門がスースーすることです。

あまり私的には肛門がスースーするのは好きではないのであまり必要のない成分のような気がしました。

プリザエースとボラギノールの価格

プリザエースとボラギノールの価格についてですが、私が行ったドラッグストアではプリザエース注入軟膏10個入りが1500円、ボラギノールA注入軟膏10個入りが1300円程で販売されていました。

しかし、Amazonで見るとプリザエースが980円、ボラギノールが1245円となっていたので、Amazonならプリザエースの方が安く買うことができます。どちらも2000円以上の注文で送料無料になります。

まとめ

ボラギノールとプリザエースどちらの痔を治すのに効果的な薬ですが、私が使用した感想としてはプリザエースの方が効き目が高いと感じました。

今、痔に悩んでいる方で病院に行くのは恥ずかしいという方はまず、市販の薬を使用するのがおすすめです。

初期の痔であれば、市販の薬でも十分治すことができますし、つらい痛みをかなり軽減することができます。

しかし、薬を塗っても治らないほど痔が悪化しているのであれば、病院で一度診察してもらう方が良いと思います。

痔は普段の食生活や運動不足などが関係してくるので、規則正しい生活を心掛けることが痔を根本から治療する上で大切です。