読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピルカッター・錠剤カッターのおすすめはこれ!

スポンサーリンク

錠剤は種類によっては、1錠の大きさがかなり大きいことがあるため、半分にカットして飲みたい時もあると思います。

そんな時に便利なのが錠剤カッターです。

錠剤カッターを使えば簡単に錠剤を半分に割ることができるので、持っているととても便利です。

そこで今回はおすすめの錠剤カッターを紹介します。

錠剤カッターのメリット

私が以前病院に通院していた時に、毎回薬を処方してもらっていたのですが、毎日その薬を飲むとなると結構費用もバカにならない金額でした。

どうにかして、費用を安くできないかと考えていたところ、ネット通販で海外から同じ成分の薬を安く購入できると知り、それ以来通販で薬を購入しています。

私が購入しているのはジェネリック医薬品と呼ばれる、成分は同じで価格が安い医薬品です。

しかもジェネリック医薬品は1錠に含まれる成分の量が多い方が1日当たりの費用を節約できるので、私は毎回1錠を半分に割って服用していました。

この錠剤をカットしていた時に役立ったのが錠剤カッターです。毎日錠剤をカットするのは結構面倒臭い作業なのですが、錠剤カッターがあると簡単に錠剤をカットできるので、非常に便利です。

錠剤カッターは価格もかなり安いので錠剤を頻繁に飲まれる方は持っておいた方が良いです。

外国のサプリメントは大きい

日本で製造されている錠剤はサイズも小さくて飲みやすくなっていますが、海外のサプリメントは錠剤が大きすぎるため、日本人だと飲みづらいと感じる人が多くいます。

確かに日本人は外国人に比べ身体を小さいので海外で製造されているサプリメントはちょっとサイズが大きすぎると思います。

そうなると錠剤を飲みやすくするために、半分にカットすることになりますが、錠剤は形も種類によってバラバラで、包丁やカッターナイフでカットしようとすると中々上手くカットすることができません。

しかし、錠剤カッターを使用すればサイズの大きな錠剤も簡単に半分にカットできるのでストレスなく錠剤を半分にカットすることができます。

特に女性の方だとか外国製のサプリメントはかなり飲みづらいと思うので錠剤カッターがあるととても便利です。

カッターナイフと錠剤カッターの違い

錠剤を半分にカットしたい時に錠剤カッターが無い場合は、カッターナイフや包丁などを使えば半分にカットすることができますが、上手くやらないと錠剤が粉々になったり、丁度半分にカットできないといったことがたまにあります。

しかもカットした時に勢い良く錠剤がどこかに飛んで行ってしまうこともあるので、毎回錠剤を飲む度にカットするのは結構面倒くさいものです。

それに比べて錠剤カッターは錠剤をカットするために作られているため、すごくカットしやすくできていて、錠剤が粉々になるようなこともありません。

必要であれば4分の1にカットすることもできるので、必要に応じて自分で量を調節することもできます。

錠剤カッターの種類

錠剤カッターにはハサミでカットするタイプとケースの真ん中に刃がセットされているケース型の錠剤カッターがあります。

基本的にどっちを使っても錠剤を上手くカットできるので、好みで選んで問題ないと思います。

私はどちらのタイプも使用したことがありますが、ハサミの方が短時間で多くの錠剤をカットできるので、ハサミを使用しています。

100均のピルカッター

ピルカッターはセリアやダイソーなどの100円ショップでも売られているようですが、容器が透明でないので、カットする時に刃がどこに当たっているの確認できないため少し使いづらいのが難点です。

ですから、ピルカッターを購入するならAmazonなどのネット通販でもっとちゃんとした物を買うのがおすすめです。

おすすめの錠剤カッター

錠剤カットはさみHAYASHI

この錠剤カッターは私が現在使用しているもので、刃の部分が錠剤をカットしやすいように丸形になっているので、とても簡単に錠剤をカットすることができます。

f:id:labrador1192hayama:20161026132306j:plain

錠剤カッターを買う前は包丁で錠剤をカットしていたのですが、包丁だと結構力を入れないと錠剤をカットすることができなかったので、1つ1つ錠剤をカットするのに時間も掛かるし、カットした拍子に錠剤がどこかに飛んでいってしまうこともあったので、結構不便でした。

それに比べて、このハサミはほとんど力もいりませんし、綺麗にカットできるのでかなり使い勝手が良いです。

私の場合は毎日錠剤を飲んでいるので、何日かに一度、10錠程度の錠剤をまとめてカットして、ケースに保存しています。

このハサミを使うようになってからかなり短時間で錠剤をカットできるようになりました。

f:id:labrador1192hayama:20161026132303j:plain

ピルカッター ピルケース (透明)

このピルカッターの良い所は、ケースが透明なことです。錠剤カッターによってはケースに色が付いていて中が見えないタイプもありますが、それだとカットする時に中を確認しながらカットできないので、上手く半分にカットできないことがあります。

ケースが透明であれば、錠剤をカットする時に中を確認しながらカットできるので失敗するリスクがかなり減ります。

しかもケースの中でカットするため、錠剤がどこかへ飛んで行ってしまう心配もありません。

やり方も錠剤を指定の位置にセットするだけで、後は力もほとんどいらず簡単にカットできるので、失敗する確率もかなり低いです。

錠剤カッターを使用する際の注意点

錠剤カッターでカットした薬はできるだけ早めに飲むようにしましょう。あまり長期間保存したままにしていると、品質が落ちてしまう可能性があります。

錠剤によっては高温多湿の場所で保管していると品質に影響を与えることもあるため、できるだけそのような場所は避けて保管するようにしてください。

私も錠剤カッターでカットした錠剤は1週間以内には飲むようにしています。

まとめ

錠剤カッターのメリット

  • 破片が飛び散らない
  • 綺麗にカットできる
  • ほとんど力がいらない
  • 錠剤の形に関わらず使用できる

錠剤カッターは1000円もしないぐらいで買えるので、頻繁に錠剤をカットする必要がある方は1つ持っていればかなり楽に錠剤をカットできるようになります。

今まで錠剤カッターを持っておらず包丁などでカットしていた人はぜひ一度試してみてください。

こんなにも簡単にカットできるのかと驚くと思います。