読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコレットに効果はあるのか!?

医薬品
スポンサーリンク

日本では禁煙ブームの影響で喫煙者が年々減少している傾向にありますが、健康のためにも禁煙を考えている人も多いと思います。

しかし、禁煙したいのになかなかタバコを止められないという方もいます。

タバコを止められない原因

これまで長年タバコを吸い続けてきた人にとっていきなりタバコを止めるというのはかなり大変ことです。

タバコを多く吸えば吸うほど依存度も高くなるため、禁煙へのハードルが高くなります。

なぜ禁煙するのがこれほどまでに大変かというと、タバコに含まれるニコチンに依存性があることが原因です。

ニコチン依存症の人は体内のニコチン量が減少するとイライラや不安などが禁断症状として生じます。

この禁断症状は想像以上に辛いもので、ストレスもかなり溜まりますし、タバコを吸いたいという欲求がどんどん押し寄せてきて、さらにストレスが溜まるという悪循環に陥ります。

今までタバコを吸ってきた人にとってはタバコを吸わない生活と言うのは、やたらと口さみしい感覚があると思います。

禁煙を失敗してしまう人はこの禁断症状に耐え切れずタバコを吸ってしまうため、いつまで経ってもタバコを止めることができなくなるのです。

ニコレットとは

ニコレットとは禁煙をしたい人をサポートしてくれるガムタイプの禁煙補助剤です。CMなどでニコレットと言えば、禁煙するためのガムというのを知っている人も多いと思います。

ニコレットは医師の処方せんなしで購入できるため、ドラッグストアやネット通販などで簡単に入手できます。

種類は全部で4種類あって、好みの味を選ぶことができます。

  • ニコレット
  • ニコレットクールミント
  • ニコレットアイスミント
  • ニコレットフルーティミント

ニコチン置換療法とは

ニコチン置換療法とは禁煙時のニコチン離脱症状を緩和するために、喫煙以外の方法でニコチンを補給し、禁断症状を和らげながら禁煙を目指す治療法です。

ニコレットもこのニコチン置換療法を利用した治療法の1つで、ニコレットを噛むことでニコチンを補給し、徐々にニコチン摂取量を抑えることで禁煙に導いてくれます。

禁煙に失敗する人と言うのはたいていは適切な治療を行わずに、我流で禁煙するため、結局我慢できずにタバコを吸ってしまいます。

禁煙は適切な治療を行えば、成功できる確率がグッと上がるので、しっかりと正しい知識を身に付けることが大切です。

ニコレットの効果

禁煙を成功させるには絶対にタバコを止めるという強い意志を持つことも大切ですが、気持ちの面だけでは禁煙を成功させるのは難しいというのが現実です。

特にヘビースモーカーの方は重度のニコチン依存症のため、適切な治療を行わずに禁煙を成功させるのはかなり困難なことです。

ニコレットにはニコチンが含まれているため、タバコを吸いたくなった時に噛むことでニコチン欠乏による禁断症状を緩和してくれます。

ニコレットで禁断症状を緩和し、徐々にニコレットの量も減らしていくことで最終的に禁煙を目指すことになります。

ガムタイプはタバコが無いことによる口さみしさも抑えることができるため、禁煙しやすいのが特徴です。

ニコレットの使用方法

ニコレットはタバコを吸いたくなった時に1日4個~12個を禁煙前の1日の喫煙本数に応じて適宜調整します。

ガムを噛む時は1個ずつ噛み、1個につき30分~60分かけて噛みます。禁煙に慣れてきたら、1週間ごとにガムを噛む量を減らしていき、2~3か月かけて使用を止めるのを目指します。

1日の摂取量目安

  • 20本以下:4~6個
  • 21~30本:6~9個
  • 31本以上:9~12個

ニコレットの副作用

ニコレットは場合によっては下記のような副作用が生じることがあります。

口・のど:口内炎、のどの痛み
消化器:吐き気、嘔吐、腹部不快感、、胸やけ、食欲不振、下痢
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
精神神経系:頭痛、めまい、思考減退、眠気
循環器:動悸
その他:胸部不快感、胸部刺激感、顔面潮紅、顔面浮腫、気分不良

もし副作用が出たら無理に使用せず医師に相談するようにしましょう。

ニコチンパッチ

ニコチン置換療法にはニコチンガムだけでなく、ニコチンパッチを使用した治療方法もあります。

仕事柄ガムを噛むことが難しい方はニコチンパッチを腕や腹部などに貼ることで体内にニコチンを補給することができます。

使い方は1日1枚を身体の該当箇所に貼り付けて、禁煙が続いたら小さいサイズに変更して、最終的に使用するのを止めます。

注意点としては、ニコチンガムとニコチンパッチの併用はできません。

口コミ

タバコが吸いたくなった時にニコレットを噛むとかなり吸いたい欲求を抑えられます。徐々に噛む量を減らしていますが、完全に禁煙に成功できるかまではわかりません。

ニコレットを噛んでいる時はタバコを吸いたい気持ちが軽減されるので、効果は感じています。

ただ、まだタバコを吸いたい気持ちがあるので、完全に禁煙に成功したとは言えそうにありません。結局のところ、自分の意志の強さが大切だと思います。

禁煙から3か月経ちましたが、今のところ、ニコレットのおかげで禁煙できています。ただ、ニコレットガムを噛むのを止めたらまたタバコが吸いたくなってしまいそうなのが怖いです。

もう少し価格が安くなるとありがたいです。

まとめ

禁煙を成功させるにはかなりの強い意志が必要となりますが、ニコレットを噛むことで少しでも禁断症状を和らげることができれば、何もやらないよりは精神的に楽だと思います。

タバコは健康面を考えるとあまり良い物とは言えないので、いつかは止めなければならないものです。