読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れ目・充血におすすめの目薬を紹介!

健康
スポンサーリンク

デスクワークで目を酷使したり、睡眠不足になると目が疲れたり、充血したりすることってありますよね。

目が充血していると、表情が疲れて見えるので目薬を注したりする人も多いと思います。

そこで今回は疲れ目や充血におすすめの目薬を紹介したいと思います。

目の充血の種類

目の充血には「結膜充血」と「毛様充血」の2種類に分けられます。

結膜充血は結膜の炎症による充血の事を言い、毛様充血は角膜が炎症を起こすため、黒目の周りが赤くなります。

充血とは違う結膜下出血

結膜下出血も目が赤くなるため充血の勘違いしやすいですが、結膜下出血は結膜下の毛細血管が出血することを言います。

特に痛みやかゆみなどが無いため、鏡を見たり他人から指摘されて気づくことが多いです。

原因は飲酒や外傷などによって起こることがありますが、原因がわからないこともよくあります。

結膜下出血は軽度であれば10日ほどで元通りになるため、それほど気にする必要はありませんが、何かしらの病気の可能性もあるので医師の診察は受けるようにしましょう。

毛様充血は注意が必要

基本的に「結膜充血」は目の疲れや乾燥など目を酷使した時に充血することが多いため、それほど気にする必要はありませんが、「毛様充血」はぶどう膜炎や急性緑内障、角膜炎など重大な病気が原因なこともあるため、目薬を注しただけでは目の充血は治りません。

毛様充血と結膜充血の見分け方は素人が判断するのは難しい所がありますが、毛様充血の特徴として挙げられるのが、黒目に近くなるほど充血が強くなっていたりまぶたの裏が赤くなっていないなどです。

ただ、場合によっては両方の充血が混ざっている可能性もあるため、医師に診察してもらうのが一番です。

目が充血する原因

  • ドライアイ
  • ストレス
  • コンタクトレンズの使用
  • 目の酷使
  • 乾燥
  • アレルギー
  • 異物混入

病気以外での目が充血する原因として多いのは目の酷使による充血です。

特にデスクワークが多い方は目を酷使しやすいため、血流量が増え、目が充血してしまいます。これらを予防するには睡眠をしっかり摂り、仕事中も定期的に目を休めることです。

他にも乾燥した時期になると目が乾燥しやすくなるため、目が充血しやすくなります。目の乾燥を防ぐには、目薬を注すのが効果的です。

疲れ目・充血におすすめの目薬

サンテピュア

サンテピュアは目の疲れや充血、眼病予防といった効能があり、目に潤いを与えて目の疲れを和らげてくれる目薬です。

この、目薬は爽快感はそれほど強くないため、クール系の目薬が苦手な方におすすめです。

サンテ ボーティエ

サンテボーティエは5つの有効成分を配合した目薬で、目の疲れや充血、紫外線による眼炎、ハードコンタクト装着時の不快感などに効果があります。

価格は他の目薬と比較すると高めですが、充血を抑える塩酸テトラヒドロゾリンや目の疲れをやわらげる、ビタミンB12などが配合されています。

刺激は少なめで目薬を注した時にローズの香りがするので、気持ちをリラックスさせてくれます。

サンテPC

長時間パソコンで作業していると、目がかなり疲れてくるため、目が充血しやすくなります。サンテPCはパソコンによる目の疲れや炎症を改善してくれる目薬です。

成分にはビタミンB6、B12に加えてタウリンも配合することで目の疲れ、炎症に効果を発揮します。

清涼感は丁度良い強さでスーッとして気持ち良さがあります。

ロートリセb

充血除去剤(塩酸テトラヒドロゾリン)を最大濃度配合し、目の充血を除去してくれます。他にもピント調節機能を改善する作用のあるビタミンB12も配合しています。

ローズの香りとほど良い清涼感が目の疲れを癒してくれます。

ロートジーb

ロートジーbはメントールの効果により、清涼感が非常に強いため、強い刺激を求めている方におすすめの目薬です。

目の充血を抑える、塩酸テトラヒドロゾリンも配合されており、疲れ目、充血に効果的です。

まとめ

目が充血しやすい人は目薬を注して目の疲れを癒してあげるのが効果的です。仕事の合間に目薬を注せば、目がスッキリして集中力もアップするのでおすすめです。

目の疲れには「えんきん」がおすすめ

「えんきん」はスマホやパソコンで疲れた目をサポートしてくれる健康サプリメントです。目の健康に欠かせないルテイン、アントシアニン、アスタキサンチンなどを配合しています。

価格はお試し2週間分に加えて今なら、2週間分がもう1袋付いて送料無料、1000円となっています。

お試しはこちら⇒目の機能性表示食品「えんきん」