読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディシンボールトレーニングの効果と使い方!腹筋も鍛えられる

筋トレ
スポンサーリンク

筋トレはやり方を工夫すればどんな場所でも身体を鍛えることができるので筋トレが日課になっている人も多いのではないでしょうか。

筋トレグッズにも色々なものがありますが、その中でもメディシンボールは身体を鍛えるのに非常に効果があります。

メディシンボールには自重では中々掛けることが難しい負担を掛けられるので体幹や瞬発力を上げるのにも適しています。

という訳で今回はメディシンボールトレーニングについて紹介していきます。

メディシンボールとは

メディシンボールとはバスケットボールほどの大きさで重さが3kg~5kgほどと少し重くなっているため、アスリートが腹筋や背筋などの体幹を鍛える際に使用されています。

よくボクサーのトレーニングでボディを鍛えるためにボールをお腹に打ち付けている映像が流れることがありますが、あれはメディシンボールを使用しています。

メディシンボールは使い方次第で様々なトレーニングができるので非常に効果的な筋トレグッズとして知られています。

特に腹筋を鍛える際にメディシンボールを使用することでより負担を大きくしたトレーニングが可能になります。

実際にやってみるとわかりますが、意外とメディシンボールは重さがあるため、上下左右に動かすだけでも結構良いトレーニングになります。

メディシンボールの効果

体幹を鍛えられる

体幹を鍛えることはあらゆるスポーツで競技能力を向上させる効果があるのでメディシンボールトレーニングは非常に効果的なトレーニング方法です。

自重で行う腹筋、背筋以外にもメディシンボールを使うことでよりバリエーション豊富なトレーニングを組むことができるようになります。

体幹を鍛えることはアスリートだけでなく一般の方でも大きなメリットがあります。日常生活を送る上で身体の中心である体幹を鍛えておけば姿勢が良くなり、腰痛や肩こりといった症状も改善されやすくなります。

特に腰痛に悩まされている方は体幹の筋力が弱まっていることが多いので体幹を鍛えることは非常に有効な手段と言えます。

筋肉の連動や神経系を鍛えられる

メディシンボールは筋肉の連動性を高めたり、神経系を鍛えるのにも適しています。全身をバランスよく鍛えることができるため、ダンベルで鍛えるよりも偏りが少ないです。

もちろん日常生活を過ごす上でも筋肉の連動性を鍛えることで腰痛予防にも役立ちます。

トレーニングメニューもバリエーションが豊富なので、日によってやり方を変えながら行うとトレーニングが単調にならずに行うことができます。

瞬発力アップ

メディシンボールを使用したトレーニングは瞬発力を向上させる効果もあります。ある程度重さのあるボールを投げたり、捻ったりすることで筋肉の瞬発力を鍛えられるので多くのアスリートがトレーニングに取り入れています。

トレーニング方法としては反動を付けながらボールを投げたり、素早く動かしてみたりするなどがあります。

自由度が高い

メディシンボールは様々なバリエーションのトレーニングに使用できるので非常に自由度の高いトレーニングが可能です。

スポーツの動作に近い動きでトレーニングができるため、競技によって違う動作を取り入れればオリジナルのトレーニングをすることもできます。

また、トレーニングの自由度が高いことでマンネリを防止できるメリットもあります。

メディシンボールの使い方

メディシンボールトレーニングには投げる、身体を捻る、上下に振るなど様々なトレーニング方法があります。

使い方次第で身体の様々な筋肉に効かせることができるのでこれ1つあれば全身を鍛えることも可能です。

ダンベルなどのトレーニング器具に比べ複雑な動作も可能なのもメディシンボールトレーニングの大きな特徴です。

こちらの動画ではメディシンボールを上下、左右、斜めなどに振ることで様々な角度から体幹を鍛えるトレーニングを紹介しています。

他にもボールを手に置いた状態での腕立やボールを持ったまま腹筋をしています。だいたい1種目に付き20~30回を目安に行い、種目間のインターバルは30秒~1分程度取るのがおすすめです。

この動画で紹介した方法以外にも自分なりに応用してトレーニングをしてみるのも良いでしょう。

基本的にメディシンボールの重さは5kgが一般的ですが、女性など筋力があまり無い方は3kg程度のメディシンボールを使用してもOKです。

まとめ

メディシンボールは価格も1000円~2000円程度で購入できますし、やり方次第で様々なトレーニングが可能です。重さも5kgほどなのでダンベルに比べて怪我をするリスクも少ないですし、素材も思ったよりも柔らかいので床に落としたとしても床を傷つける心配もありません。

また、自重トレーニングでは少し物足りなくなってきたと感じる方にもメディシンボールトレーニングはおすすめです。

使い方次第で様々なトレーニングが可能なので自分なりに色々と試行錯誤をしながらトレーニングしてみると良いでしょう。

おすすめのメディシンボール

メディシンボールを選び際はなるべく表面が滑りにくい材質の物を選ぶのが良いです。ボディーメーカーのメディシンボールは表面がざらざらしていて、滑りにくくなっているため、非常に扱いやすいです。

価格も2000円以下で買えるのでコストパフォーマンスもかなり高いです。重さは3kgと5kgがありますが、女性などあまり力が無い方は3kgを選ぶと良いと思います。