漫画の処分に困ったときの対処法

スポンサーリンク

漫画って1つの作品で何十巻も続くので全部集めるとなるとすぐに部屋の中で漫画だらけになってしまいますよね。

こまめに漫画を処分できる人ならまだ良いですが、中々物を捨てることができない人だといつ捨てれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は漫画の処分方法について紹介したいと思います。

捨てる漫画の決め方

漫画を捨てようと思った時に一番困るのがどの漫画を捨てるかということです。

今まで何年も掛けて集めた漫画を捨てるのは寂しい気持ちもありますが、ここは心を鬼にしていらない漫画といる漫画を分ける必要があります。

基本的に何回も繰り返し読んでいる漫画は残すとして、今までに一度しか読んだことが無い漫画や何年も読み返していない漫画はおそらくもう読み返すことはないので、不要な漫画として段ボールに詰めてしまいましょう。

おそらくこれだけもかなりの漫画を処分することができると思います。

漫画を集めることが目的になっている

自宅に大量の漫画が置いてある人は漫画を読みたいというより漫画を集めることの方が目的になっていることがあります。

ですから一度購入してしまえばそこでもう満足してしまうため、特に読み返すこともなく、そのまま自宅の本棚に置いたままになっています。

このような状況に陥っている人は漫画を捨てられない状態になっているので、どうにかして気持ちを切り替えて捨てる方向に持っていくしかありません。

漫画の処分方法

古紙回収業者に出す

大量の漫画を処分する場合、古紙回収業者に回収してもらう方法があります。

処分する漫画の数が少なすぎると回収を断られることもあるので電話で問い合わせるのが良いでしょう。

ヤフオクで売る

漫画はオークションで売るといくらかお金になる可能性があります。

ただ、オークションだとすぐに漫画が売れないのと、色々と発送の手続きやメールでのやり取りなど面倒なことも多いのがデメリットです。

漫画は宅配買取に売るのがおすすめ

私も漫画が好きでお気に入りの作品も結構あるため、自宅にはたくさんの漫画が置かれています。

ただ、部屋の広さにも限界があるのでいつかは漫画を処分しなければいけないときが来ます。

私も今まで集めてきた漫画には愛着もあったので中々捨てるのは勇気がいりましたが、このままではダメだと思い、思い切っていらない漫画を処分することにしました。

ただ、私の場合は、そのまま捨てるのももったいないと思ったので漫画の宅配買取を利用して売ることにしました。

宅配買取の便利な所は、段ボールに漫画を詰めれば後は業者が自宅まで漫画を取りに来てくれるため、とても作業が楽なことです。

しかも運が良ければ買取金額も高額になることもあるので、そのまま捨てるよりも断然メリットが大きいです。

私の場合、500冊ほど査定に出しましたが、全部合わせて1万ほどで売ることができました。

1冊あたりだいたい20円ほどと考えるとかなり安い査定額ですが、500冊もまとめて売ると結構良い金額になります。

そのまま処分していたら0円だったので宅配買取を利用して良かったです。

おすすめの漫画買取業者

漫画買取業者はいくつか存在しますが、私が利用したのは古本や漫画、ゲーム、DVDなどを買取しているVabooです。

漫画は5冊以上まとめて売れば送料無料となりますし、もし買取金額に納得いかなければ、返送料も無料です。

集荷から査定までのスピードも速く、すぐにお金が手に入るのも魅力です。

公式サイトはこちら⇒7月は買取金額20%UP!!送料0円の高価買取 Vaboo

まとめ

最近は紙媒体よりも電子書籍で買う方も増えているため、以前のように本棚が漫画でいっぱいになることも無くなるのではないかと思います。

私は最近は電子書籍を利用することが多くなり、漫画も電子書籍で買うようにしています。

電子書籍は持ち運びも楽ですし、別の本を読むときも指一本ですぐに切り替えられるのでとても便利です。

漫画の処分に困っている方は本当に必要な漫画以外は多い切って処分してしまいましょう。

漫画買取ネットの評判と口コミ