読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慣れると使いやすいマウス トラックボールはロジクールM570がおすすめ!

スポンサーリンク

みなさんは長時間マウスを操作していて手首を痛めた経験はありませんか。私は以前マウスを使用していた時は長時間使用するといつも手首が痛くなっていました。

そんな時に出会ったのがトラックボールです。

トラックボールとは指でボールを転がして操作するマウスのことで手首への負担が少ないことで有名です。そこで私はトラックボールを購入しようと思いネットで検索した所、ロジクールのM570というトラックボールが一番人気が高いと知り、購入することにしました。

 ロジクールM570を3年使用した感想

初めてM570を触った時は今まで使用してきたマウスとは形も違うので少し戸惑いがありました。M570は親指でボールを転がすことでマウスカーソルを操作するようになっていて最初はこの操作に慣れるのに苦労しました。

今までマウスカーソルを動かすときはマウス自体を動かしながら操作していましたが、トラックボールは親指でボールを転がすことでマウスカーソルが動くようになっているのでかなり操作性に違いがあります。

ただ数週間使用するとだんだんと操作にも慣れてきて以前使用していたマウスに比べ手首への負担が減っているのがわかりました。

また、M570は普通のマウスに比べ横幅が広いので、握るというよりはそのまま手を添えるような状態で操作できるので使いやすいと思いました。

f:id:labrador1192hayama:20151218181027j:plain

今までのマウスはマウスパッド上でなければマウスカーソルを動かすことができませんでしたが、M570はボールを転がすだけでマウスカーソルを動かすことができるのでマウスパッドの上でなくても簡単に操作することができます。

例えばベットの上でパソコンを使用する場合でも布団の上やお腹の上にトラックボールを置いて使用することもできるのでとても楽です。

また、ロジクールマウスの良い所は電池寿命が他のメーカーのマウスに比べ長いのでM570であれば単三電池1つで約1年近く使用することができます。あまり電池の消耗が激しいと地味にコストも掛かってくるのでとても経済的です。

f:id:labrador1192hayama:20151218181030j:plain

ロジクールM570のデメリット

細かい操作が苦手

ここまでトラックボールのメリットについて紹介しましたが、トラックボールにも欠点はあります。

まずトラックボール型のマウスは普通のマウスに比べて細かい操作をするのが難しくなっています。特にパソコン上で絵を描いたりするのはトラックボールだと難しいと思います。

私も最初はボールを転がして操作することに慣れていなかったのでコピーペーストしたりするのに苦労しました。しかし、数週間もすればすぐに慣れてくるので簡単な操作であれば特に気にすることもありませんでした。

 ボールを定期的に掃除する必要がある

トラックボールはボールを転がすことでカーソルを操作できるようになっていますが、毎日使用しているとボールを転がすベアリングの部分にホコリが付くので定期的にボールを取り外して掃除する必要があります。

ボールは指で押しだせば簡単に外すことができますが、定期的に掃除をしないとボールの滑りが悪くなり操作性が悪くなるのでボールの滑りが悪いと感じたら掃除をするようにしましょう。

 まとめ

私はトラックボールを使用して3年以上経ちますが、今ではトラックボールの快適さに慣れてしまい、普通のマウスには戻れないほどになりました。

みなさんも一度試しにトラックボールを使用したらその快適さに元のマウスには戻れなくなるかもしれません。