読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リステリンは口内炎を治せる?

スポンサーリンク

口内炎って一度できると中々治らないので、食事中も口の中が痛くてとてもストレスが溜まります。

特に舌にできる口内炎はめちゃくちゃ痛いので、集中力がかなり削がれます。

口内炎が出来やすい体質の人にとっては口内炎を早く治す方法を知りたいはずです。私も昔から口内炎の痛みに悩まされてきたので、その苦しみが痛いほどわかります。

私の場合、たまに唇を噛んだりすることがあるので、そこから口内炎ができることがよくあります。

口内炎は塗り薬を塗ってもすぐには治りませんし、口内炎が出来ている間はテンションがガタ落ちです。

口内炎ができると集中力も削がれて仕事へも影響を及ぼしますし、痛みで会話もしづらくなります。本来なら楽しみである食事も口内炎の痛みで辛い時間になってしまいます。

口内炎の原因

口内炎は様々なことが原因で発症するため、一概に何を気を付ければ大丈夫というわけではありません。ここでは口内炎が出来やすくなる原因をいくつかまとめてみました。

口腔内に傷ができる

口腔内に何らかの理由で傷ができるとそこから雑菌が増殖し、炎症を起こすことで口内炎を発症します。特に口の中を噛んでしまい、そこから口内炎ができることが多いので歯の噛み合わせが悪くて口の中を頻繁に噛んでしまう方は歯医者で一度相談してみるのがおすすめです。

免疫力の低下

不規則な生活や疲労が溜まることで、免疫力が低下すると口内炎ができやすくなります。私も疲れが溜まるとよく口内炎ができるので、十分な時間睡眠を摂るように心がけています。

口内炎を予防するには日頃から体調管理に気を使うことが大切です。

ストレス

ストレスが溜まりやす人は口内炎を発症することが多いと言われています。ストレスは健康にはあまり良くないことなので、運動や音楽を聴くなど定期的にストレスを発散させるようにしましょう。

栄養バランスの乱れ

栄養バランスの乱れは口内炎ができやすくなるので、特にビタミンは多めに摂るように心掛けましょう。

口内炎を治すにはリステリン紫が最強

過去にビタミンのサプリを摂ったり、栄養バランスに気を使ったりしましたが、あまり効果を得ることはできませんでした。

私が今までに色々と口内炎を治す方法を試して一番効果を感じたのがリステリン紫です。

リステリン紫とは「リステリントータルサポート」のことで、色が紫色なことからリステリン紫と呼ばれています。

リステリン紫は歯石、口臭、歯肉炎、ネバつき、着色、歯垢の6つ口内トラブルを解消してくれる優れたマウスウォッシュです。

そもそも口内炎は口の中にできた傷に雑菌が繁殖することで炎症を起こし、痛みが出てきます。

つまり口腔内の雑菌をリステリンで殺菌してあげれば、口内炎の治りが早くなることになります。

リステリンは他の洗口液に比べ殺菌力が非常に強いため、口内炎の治りも早めてくれる効果が期待できます。

リステリン紫の使い方

通常タイプのリステリンは洗口液のため、口をゆすいだ後に別途で歯磨き粉を使ってブラッシングする必要がありますが、リステリン紫は液体歯磨きなので、歯磨き粉は必要ありません。

口に30秒ほど含んですすいだ後はそのままブラッシングしてください。

リステリンは痛いのが欠点

リステリン紫は殺菌力も強く、口内炎を治すのに効果的ですが、刺激がかなり強いのでリステリンを口に含むと口内炎がかなり痛みます。

人によってはこの刺激の強さが苦手と言う方もいますが、だんだん慣れてくると痛みも少なくなってきます。

私も最初はリステリンの刺激の強さに驚きましたが、徐々に刺激にも慣れてきたので口内炎の治りが早まるなら我慢できる痛みです。

口臭予防にもおすすめ

人と会話する時や起床直後は口臭が気になることがよくあります。毎日ちゃんと歯を磨いているのに口臭が臭いという方はリステリン紫がおすすめです。

リステリン紫の殺菌力は口臭予防にも効果をもたらしてくれるので、自分の口臭が臭いと感じる方はぜひリステリン紫を試してみてください。

私もリステリン紫を使うようになってから明らかに口臭が減りました。

リステリン紫の副作用

リステリン紫はかなり刺激が強いため、副作用があるのか気になる所です。

アルコールアレルギーに注意

リステリン紫にはアルコールが含まれているため、アルコールアレルギーがある方は注意が必要です。

また口コミを見ると一部のユーザーにはドライマウスや味覚障害、舌が黒くなるといった症状が報告されています。

これらの副作用についてはリステリン紫の使用を中止したら症状が治まったという報告があるので、体質によっては合わない人もいるようです。

低刺激なリステリントータルケアゼロ

もしリステリンの刺激が苦手という方はノンアルコールの「リステリントータルケアゼロ」を使うのがおすすめです。

こちらの商品はリステリン紫と効果は一緒なので、安心して使用できます。

まとめ

口内炎の痛みに悩んでいる方はぜひ一度リステリン紫を試してみてください。私はリステリン紫を使いだしてから口内炎が出来にくくなりました。

リステリン紫で口をゆすいだ後は歯ブラシで綺麗にブラッシングしてあげましょう。リステリンは歯石の予防にも効果的なので、デンタルケアにおすすめです。