いらなくなった教科書はいつ捨てるのが良い? 処分するタイミング

スポンサーリンク

みなさんは高校や大学などで使用した教科書はどのタイミングで処分していますか。

教科書って科目ごとに必要になるので全部合わせると結構な数になりますよね。

中には特に読み返すわけでもないので家に置いたままにしている方も多いのではないでしょうか。

私も高校や大学で使用した教科書は卒業後もしばらく処分せずに家に置いたままにしていました。

ただ、基本的に学生時代に使用した教科書は卒業してしまえばまず使うことは無いので早めに捨てた方が良いです。

確かに学生時代に使用した教科書には思い入れなどもあるので簡単には捨てられない気持ちもわかりますが、処分した方が部屋のスペースも広がりますし、掃除も荷物が少ない方が楽です。

教科書を捨てるタイミング

教科書を捨てるタイミングは人それぞれだと思いますが、卒業と同時に捨てる人もいれば数年は捨てずにとっておきその後処分するという人も多いようです。

また、よくあるパターンとしては引越しするのを機に処分するという人もかなりいるようです。

逆に捨てずに取っておく派の人は何となく捨てられないという人や記念として残しておくという人も多いようです。

また、実用性のある辞書や地図帳といった物だけを取っておき、あとは処分してしまうという人もいるようです。

特に大学で使用する教科書は1冊数千円する物も多いため、簡単には捨てられないと思う気持ちもわかります。

しかし私の経験から言って大学時代に使用した教科書を再び使用することはありませんでした。

万が一大学時代に学んでいた学問をもう一度勉強するのであればその時にまた新しい本を買えば良いと思います。

とにかく言えることは何事も思い切りが大事だということです。

小・中学校の教科書を処分するタイミング

小学校や中学校の教科書については、上の学年に進級したタイミングで処分するのが良いです。

進級すればもう下の学年の教科書は使用しないので処分してしまって問題ありません。

プリント類もそのまま保管していてもかさばるので捨ててしまいましょう。

教科書の処分方法

教科書は紙類のゴミに分類されるので、新聞紙などと一緒に処分することになります。

教科書を処分する際は個人情報を守る意味でも名前などはマジックで黒く塗りつぶしておくようにしましょう。

参考書や予備校テキストの処分方法

参考書や予備校のテキストも処分する場合は、紙ゴミとしてひもで結んで捨ててください。

ただ、高校や大学で使用される参考書や問題集、予備校テキストなどはそのまま処分するよりも、買取業者に売った方がお金になります

高く買取してもらうコツは参考書や問題集を専門に買取している業者に売ることです。

ブックオフなどの古本屋では、きちんと参考書の価値を評価してくれるスタッフがいないため、参考書を専門に買取している業者に売る方が高い買取してもらえる可能性があります。

また、教科書に関しても大学で使用する教科書であれば買取してもらえることがあるので一緒に査定してもらうと良いでしょう。

おすすめの買取業者

学参ブックス

学参ブックスは高校や大学の参考書、問題集、赤本、予備校テキスト、大学教科書、資格試験問題集などを高額で買取してくれる宅配買取専門の業者です。

20冊以上まとめて売ると送料無料で利用できます。また、希望すれば梱包用の段ボールも無料で送付してもらえます。

公式サイトはこちら⇒学参ブックス

バリューブックス

参考書、各種問題集、専門書などを中心に買取している業者です。

5冊以上まとめて売ると送料無料になります。また、買取金額に納得がいかず、返送する際の返送料も無料です。

公式サイトはこちら⇒7月は買取金額20%UP!!送料無料で高価買取 バリューブックス

専門書アカデミー

 参考書や教科書、専門書など年間150万点以上の買取実績を誇る、買取業者です。

15冊以上まとめて売ると送料無料で買取してもらえます。

他にも段ボールの、無料発送や買取金額アップキャンペーンなども実施しています。

公式サイトはこちら⇒「専門書アカデミー」

まとめ

たくさん思い出の詰まった教科書を売るのは中々勇気がいることですが、思い切って処分してしまえば、部屋もスッキリして綺麗になりますよ。

処分せずに買取業者に売ればちょっとしたお小遣いぐらいの金額は貰えるかもしれません。

学参ブックスの評判と口コミ