読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダや室内に発生する蜘蛛の駆除対策をまとめてみた!

殺虫剤
スポンサーリンク

4月~10月頃に多く現れる虫と言えば蜘蛛ですが、蜘蛛は足が何本あって見た目も気持ち悪くて動きも素早いので家で遭遇するとかなりびっくりします。

しかも見つけたら早く退治しないとどんどん増えてしまうこともあるので困りものです。

私は蜘蛛が昔から大嫌いなのでいつ蜘蛛が出てきても良いように殺虫剤を必ず一本は自宅に置くようにしています。

そこで今回は蜘蛛の対策方法を紹介したいと思います。

蜘蛛は益虫なので害はない

実は毒蜘蛛などを除いて庭や家の中に侵入してくる蜘蛛は益虫なので人間に害を与えることはほとんどありません。

むしろ家の中によく現れる「アシダカクモ」は人間の天敵であるゴキブリを捕食してくれるので殺さずに放置した方が良いと言われるほどです。

しかし、虫嫌いの人にとっては益虫だろうがそんなの関係ないと思うのでやはり駆除したいはずです。

私も虫全般が嫌いなので益虫とか関係なく、とにかく家に虫が出てこないように対策を施しています。

蜘蛛の侵入を防ぐ方法

蜘蛛はちょっとでも隙間があれば容易に侵入してくるので蜘蛛の侵入を防ぐのに一番効果的な方法は侵入経路を塞ぐことです。

侵入できる箇所が少なくなればそれだけ蜘蛛が侵入してくるリスクも減るのでしっかりと対策をしましょう。

隙間テープで小さな隙間を埋める

玄関口の下の隙間やベランダの小さな隙間は蜘蛛が侵入してくる経路のため、隙間テープで隙間を埋めておくと侵入経路を塞ぐことができます。

特に夏場は網戸で過ごす方も多いので網戸の隙間から蜘蛛が侵入してくるケースがよくあります。

網戸は長年使用していると歪みが生じ、隙間が出来てくるため、隙間テープでしっかりと隙間を埋めておきましょう。

換気扇を網で覆う

玄関口や窓の隙間などの隙間はしっかりとテープで埋めている人が多いですが、意外と忘れがちなのが換気扇です。

換気扇は外と直接繋がっているため、蜘蛛が侵入しやすい場所なので網を被せて中に侵入できないようにしておきましょう。

庭の手入れをしておく

一戸建てに住んでいる方の場合、蜘蛛は外壁を這い上がって侵入してくるので庭を蜘蛛が過ごしやすい環境にさせないことが大切です。

蜘蛛は落ち葉や雑草などが生えている場所に集まってくるので日頃から庭の手入れをしておけば蜘蛛が集まりにくい環境を作ることができます。

他にも粉剤タイプの殺虫剤を家の周りに散布することも非常に効果的です。

家の周りを殺虫剤で覆うことで家全体を守ることができます。私の自宅は一戸建てなので毎年4月頃になると虫コロリアースの粉剤を家の周りに散布しています。

蜘蛛の巣対策について

暖かい季節になると洗濯物を干そうと思いベランダに出ると物干し竿に蜘蛛の巣が出来ていることがよくあると思います。

蜘蛛の巣ができるといちいち取り除かなくてはならないので結構ストレスが溜まります。

ですが、毎回蜘蛛の巣を取り除くのが面倒くさいのでここは殺虫剤の力を借りましょう。

今は蜘蛛の巣を駆除する専用の殺虫剤があるのでそれを蜘蛛の巣が出来やすい場所にスプレーしておけば蜘蛛の巣が出来るのを防ぐことができます。

私の自宅ではアース製薬の「クモの巣消滅ジェット」をベランダや玄関口の上など蜘蛛の巣が出来やすい場所にスプレーしています。

クモの巣消滅ジェットは蜘蛛の巣を作らせない効果だけでなく殺虫剤としても使用できるので直接蜘蛛にスプレーすれば退治することもできるので便利です。

勢いも結構あるのでちょっと離れた距離でも殺虫剤が届きます。

効果は雨の降る頻度にもよりますが、あまり雨が当たらない場所であれば1か月程度は持続すると思います。

家の中は常に綺麗にしておこう

家の中が食べかすやホコリなどで散らかっているとそれに釣られて蜘蛛が集まってくるため、常に掃除をしておくことが大切です。

特にキッチン周りは排水口などもあって蜘蛛が出ることが多いので清潔に保つようにしましょう。

まとめ

蜘蛛は見た目も気持ち悪いのでできれば遭遇したくない生き物です。

蜘蛛は殺虫剤を撒いたり、家をきちんと掃除しておけばかなり侵入を防ぐことができます。ただ、完全に侵入を防ぐことは難しいので万が一蜘蛛が出てきても良いように殺虫剤をいつでも使用できるようにわかりやすい場所に置いておくようにしましょう。