キズパワーパッドは靴ずれや火傷を治すのに効果的!

スポンサーリンク

私は結構、革靴を履いて外を歩くことが多いのですが、革靴で歩いているとどうしても気になるのが靴ずれです。

靴ずれは革靴を履いた時や靴のサイズが合わないときによく起きますが、靴ずれによってかかとの皮が剥けると歩くときにかなり痛みがあるのでいつも困っていました。

お風呂に入る時もかなり滲みるので何か対策は無いかと考えていた所、バンドエイドの「キズパワーパッド」を貼ると痛みを和らげて、早く治してくれると聞いたので購入してみました。

キズパワーパッドには普通のサイズから大きめのサイズまで売っていて靴ずれ用の商品も売っていたのでそれを購入しました。

価格は6枚入りで600円ほどしたので普通の絆創膏と比べると少し割高な印象です。

キズパワーパッドは火傷や靴ずれといった、皮膚の傷に対して湿潤療法を元に潤いを保ったままにすることで傷の治りを早める効果があるそうです。

今までは火傷や擦り傷を負った時は普通の絆創膏を使用していたのでこのような商品を使うのは初めてでした。

見た目は普通の絆創膏とそれほど違いは無いように思えましたが、実際に貼ってみると結構粘着性があって思ったよりも剥がれにくくなっていました。

これならキズパワーパッドを貼った状態で外を歩くこともできるので便利です。

キズパワーパッドを貼ったままお風呂に入ってもしっかりと密閉されているので傷口が滲みるようなこともありませんでした。

また、キズパワーパッドを貼ったまま革靴で歩くと痛みがだいぶ和らぐので痛くて歩けないようなこともありません。

説明によると1枚に付きだいたい5日間は貼り続けても問題ないらしいので私も5日ほど貼り続けていましたが、剥がしてみるといつもならまだ傷が目立っているのにキズパワーパッドを貼ったことで傷がだいぶ治りかけていたので効果は出ていると感じました。

人によっては何日も交換しないのは不衛生だと思うかもしれませんが、特に問題はないようです。もし気になるならお風呂から出た後に貼り替えるようにするのが良さそうです。

キズパワーパッドの使い方

キズパワーパッドを貼る際の注意点は消毒液を使用せずに水で軽く傷口を洗ってから貼ることです。

消毒液を使用してしまうと傷口を治す体液(浸出液)の効果が無くなってしまうので逆に傷の治りを遅くしてしまいます。

人間が持っている治癒能力を最大限に引き出してくれるのがキズパワーパッドの強みです。

今回私の場合は、靴ずれによる傷に使用しましたが、火傷や切り傷にも効果があるらしいので何かあった時に常備しておいた方が良さそうです。

火傷の傷跡を残したくない人にもおすすめ

キズパワーパッドの凄い所は傷の治りが早い上に傷跡も残りにくくしてくれることです。火傷の跡は適切な処置をしないと傷跡が残ったままになることも多いので自然治癒力を高めてくれるキズパワーパッドの効果はすごいです。

以前手を火傷した時にキズパワーパッドを使用した所、綺麗に皮膚が回復していたのを見て治癒力の高さに驚きました。

もちろんひどい火傷の場合はまず病院で診察してもらう必要がありますが、軽い火傷程度なら高い効果を発揮してくれるはずです。

まとめ

キズパワーパッドは普通の絆創膏に比べると多少値段が高いですが、その分傷の治りも早いですし、傷跡も残りにくくなるので買う価値は十分にあると思います。

実際に使用してみて傷の治りが早くなっているのを実感できたので驚きました。

何よりこれを貼ることでお風呂でも傷口が滲みるのを我慢せずに入れますし、傷口を保護することで靴を履いて歩く時も痛みが軽減されるのでかなり痛みによるストレスも無くなります。

キズパワーパッドには普通サイズのものから大きめのサイズのものまでありますが、靴ずれ用の商品も販売されているので靴ずれにはこれを使用するのがおすすめです。

最近はいつ靴ずれが起きても良いように常備しているので安心です。