革靴の臭い対策と洗い方【雨の日のお手入れ方法】

スポンサーリンク

毎日革靴を履いてくると、足が蒸れてしまい革靴から嫌な臭いが出ることってあると思います。革靴はスニーカーと違って頻繁に洗うこともできませんし、臭いが付いたままだと周りの目も気になります。

私も革靴は結構履くことが多いですが、特に夏場はたくさん汗をかくので、靴の中が蒸れやすくなっています。靴が蒸れると臭いもきつくなるので、こまめに消臭スプレーをかけたりしています。

という訳で今回は、革靴の臭いの原因やお手入れ方法について紹介したいと思います。

革靴が臭くなる原因

革靴が臭くなる原因は足から出る汗が雑菌を繁殖し、臭いを発生させるからです。革靴の中は汗や体温によって温度や湿度が上昇し、雑菌が繁殖しやすい環境を作ります。

革靴の臭いは汗や皮脂を栄養とした雑菌が増殖することで、強くなっていきます。特に通気性の悪いブーツなどはすぐに雑菌が増殖してしまうため、手入れをしっかり行う必要があります。

革靴の臭い対策

革靴の臭いを発生させないようにするためには、いかに雑菌を増やさないかが重要になります。靴の中の雑菌の増殖を抑えることができれば、革靴の嫌な臭いを減らすことができます。

革靴を休ませる

革靴の雑菌の繁殖を防ぐには同じ革靴を連続して履かないようにすることです。毎日同じ革靴を履くと、汗や皮脂によって雑菌が繁殖しやすい環境を作るため、何足かをローテーションして履いて、2~3日は休ませるようにしましょう。

履かない革靴は風通しの良い所で陰干ししてあげると雑菌の増殖を抑えることができます。

中敷きを敷く

革靴の中に中敷きを敷いてあげると、中敷きが汗を吸収してくれるため、臭いを抑えることができます。中敷きはこまめに洗うこともできますし、何種類かをローテーションすることで清潔に保つことができます。

重曹を使う

重曹は掃除などで使うイメージがありますが、弱アルカリ性で酸性である臭いを中和してくれる作用があるため、消臭効果が期待できます。やり方は重曹を靴下かストッキングに入れ、革靴の中に入れるだけです。たったこれだけで革靴の臭いを消臭してくれるので、ぜひ試してみてください。

10円玉を入れる

10円玉は銅で出来ているため、靴の中に入れておくと銅イオンが雑菌の増殖を抑え、消臭してくれる効果があります。ただ、10円玉を1枚だけ入れても効果は少ないので、5枚~10枚ほど入れるようにしましょう。

ミョウバン水を吹きかける

ミョウバンは臭いの原因菌を殺菌してくれる効果があるため、靴にミョウバン水をスプレーしてあげると消臭することができます。ミョウバン水の作り方は、500mlの水に対して15gのミョウバンを溶かすだけです。あとはスプレーボトルに入れて靴の中にスプレーするだけです。

クリーニングに出す

革靴の臭いが気になるならクリーニングに出すという方法もあります。クリーニングに出せばプロの方が丁寧に革靴を洗ってくれるので、自分で洗うのが不安という方はクリーニングに依頼してみると良いでしょう。

消臭剤を使う

消臭剤は臭いを軽減したり、菌を殺菌してくれる成分が含まれているため、市販の消臭剤を使用するのもおすすめです。帰宅した時にサッとスプレーするだけで良いのでとても便利です。

会社では別の靴に履き替える

革靴を1日中履き続けているとかなり靴の中が蒸れて雑菌が繁殖してしまうので、デスクワークなどを行う時は別の靴に履き替えると靴が蒸れにくくなり雑菌の増殖を抑えることができます。

特に夏場は1日中革靴を履くとかなり汗をかくので、雑菌にとっては繁殖しやすい環境となります。

冷凍庫に入れる

革靴の雑菌を減らす方法としておすすめなのが、冷凍庫に一晩入れることです。冷凍庫に革靴を入れるというのは意外な方法かもしれませんが、氷点下の温度に一晩いれることで雑菌を死滅させることができるので、臭いを消すことができます。

冷凍庫に入れる際は周りの食べ物に臭いが付くのを防ぐため、ジップロックに革靴を入れて密閉した状態で入れるようにしましょう。

最強の消臭剤グランズレメディ

靴専用の消臭剤には色々な種類がありますが、中でも特に消臭力が高いと評判なのが、「グランズレメディ」です。

グランズレメディはニュージーランド生まれの消臭パウダーで、靴の中にある臭いの原因であるバクテリアを除去してくれる効果があります。

使い方は簡単で出かける前に靴の中にパウダーをスプーン一杯分入れて、靴全体に行き渡るように軽く靴を揺するだけです。これを1日1回を7日間続けるだけで消臭してくれます。

私もグランズレメディを使っていますが、1回使用しただけでもかなり臭いを除去してくれるので効果はかなり高いです。

Amazonでの評判も非常に高く、多くの方がグランズレメディの消臭効果に満足しています。

雨で濡れた時のお手入れ

雨で濡れた革靴を何の手入れもせずに放置しておくと雑菌が繁殖し、臭いの原因となるので、しっかりと手入れをするようにしましょう。

革靴が雨で濡れた時はまずタオルで水分を拭き取り、風通しの良い場所でしっかりと乾燥させるようにしてください。そして、靴の中の水分も取り除くためにキッチンペーパーや新聞紙を丸めて入れてください。

雨で濡れているのに何も手入れをしないでいるとカビが生えたり、型崩れを起こしたりするので、必ず手入れをするようにしましょう。

また、防水スプレーを掛ければ、雨が降っても水滴を弾いてくれるので、汚れが付きにくくなるため手入れが楽になります。

革靴の洗い方

革靴を洗うのは少し抵抗があるかもしれませんが、臭いのキツイ革靴は思い切って洗ってしまうのも1つの方法です。

用意するもの

  • タオル
  • ブラシ
  • 革靴用洗剤
  • 新聞紙
  • 靴クリーム

洗い方の手順

  1. 靴ひもを外して表面の汚れを落とす
  2. 革靴を水に入れて全体を浸す
  3. 革靴専用洗剤で全体を洗う
  4. しっかりと水ですすぐ
  5. 中に新聞紙を入れて、風通しの良い所で2~3日陰干しをする
  6. 完全に乾いたら靴クリームを塗る

革靴は頻繁に洗う必要はありませが、3か月に一度ぐらいの頻度で洗って上げると清潔に保つことができます。汚れや臭いが気になってきたときはぜひ試してみてください。

足が臭くなる原因

皮脂と汗

足が臭くなる原因の主な原因は汗や皮脂が発生することで雑菌が繁殖するからです。足の裏はエクリン腺という汗腺が集中しているため、両足で1日にコップ一杯分(約200cc)の汗をかくと言われています。

しかし、汗自体には臭いはなく汗をエサに雑菌が繁殖することで臭いを発生させます。ですから臭いを抑えるには雑菌の増殖を抑えることが重要になります。

ストレス

人間は緊張や不安などでストレスを感じると汗をたくさんかくので、ストレスが原因で足が臭くなることもあります。

靴が臭い

革靴やブーツをよく履く人は靴自体が臭くなっていることがあるため、その臭いが足に移ってしまい足が臭くなることがあります。ですから足の臭いを抑えるにはまず、靴の臭いを減らす必要があります。

水虫

水虫は白癬菌と呼ばれるカビの一種に感染することで発症する病気です。白癬菌は高温多湿の環境を好むため、蒸れやすい靴の中やバスマットなどに潜んでいます。水虫を完治させるには薬を使用して殺菌する必要があります。

足の臭い対策

足を清潔に保つ

足が臭いと感じる方は、毎日お風呂でしっかりと足を洗うようにしましょう。足の洗い方が不十分だと皮脂や角質の汚れをしっかりと落とすことができないので、臭いの原因となります。足の洗う際は、指の間も丁寧に洗い足に雑菌が付かないようにすることが大切です。

また、足の爪を伸ばし過ぎるのも爪の間に雑菌が繁殖しやすいため、短く切っておくようにしましょう。

五本指ソックス

五本指ソックスは普通の靴下に比べ、汗を吸収しやすいので、雑菌が繁殖しにくくなります。足に汗をかきやすい方はぜひ五本指ソックスを試してみてください。

制汗剤を使う

体質的に汗をかきやすい人は制汗剤を使用するのがおすすめです。制汗剤で汗を抑えることができれば、雑菌の繁殖も抑えることができるため、嫌な臭いも防ぐことができます。

おすすめの制汗剤

デオナチュレ男足指さらさらクリーム

このクリームは汗をかく前に足に塗ることで足の嫌な臭いが発生するのを予防してくれます。発汗量を抑えることで靴の中が蒸れにくくなるため、靴自体の臭いも抑えることができるので便利です。

ドクターショール フットスプレー

スプレータイプの制汗剤で、出かける前に軽く足にスプレーするだけで、足の発汗を抑えることができます。臭いの原因菌を殺菌する成分も配合されているので、嫌な臭いを抑えてくれます。

まとめ

革靴は日頃からきちんと手入れを行うことで臭いも抑えることができます。革靴は一度買ったら何年も履き続けるものなので、ちゃんと手入れを行い長く履き続けることができるように大切に扱いましょう。

革靴の臭い対策インソール「菌ピタ君」

菌ピタ君は消臭効果の高い備長竹炭を含んだインソールのため、革靴の中に敷くことで嫌な臭いを消臭してくれます。消臭効果は30日間使用しても持続するので、頻繁にインソールを交換する必要もありません。

公式サイトはこちら⇒菌ピタ君

ニオイノンノの口コミ