大学受験の参考書・予備校テキスト・赤本は処分せずに買取店に売ろう!

スポンサーリンク

大学受験で使用した参考書や赤本、予備校テキストなどは受験が終了すると必要なくなるので処分したり、後輩に譲る人も多いと思います。

中にはそのまま処分せずに部屋に置いたままにしている人もいるのではないでしょうか?受験で使用する本は全部で数十冊に及ぶこともあるので自宅に置いたままにしておくと部屋のスペースが狭くなってしまいます。

そこでおすすめなのが買取店に売ることです。買取店に売らずに処分してしまうとお金になりませんし、何十冊も捨てるとなると重さもあるので結構大変なものです。

最近はネットから申し込めば梱包用の段ボールも無料で送付されますし、自宅まで宅配業者が集荷しに来てくれるので自分でやることは本を段ボールに詰めるだけで後は業者が配送してくれます。

中には中学や高校で使用した参考書も買取してくれる業者もあるので押し入れなどに閉まったままの参考書をこれを機会にまとめて売ってしまいませんか?

参考書・予備校テキスト・赤本は専門の買取店の方が高く売れる

ここまで受験で使用した本は処分せずに売った方が良いと説明しましたが、売れるならどこへ売っても良いというわけではありません。

参考書や予備校テキスト・赤本といった本はブックオフのような幅広いジャンルの商品を買取している業者で売るよりも専門の買取店に売った方が高く売れます。

近所にある古本屋で査定してもらうと1冊、数十円にしかならないような本でも専門の買取業者で査定してもらえば高額買取してくれる可能性が高くなります。

また受験用の参考書などを専門に買取しているので古本屋では買取できないような予備校テキストや模試なども買取してくれます。

 例えば「学参プラザ」のような参考書などを専門に買取している業者だと専門知識を持ったスタッフによる査定が行われるので高額で買取してくれる可能性が高くなります。

特に需要の高い本の場合だとブックオフではありえない金額で買取してもらえることもあるので専門の業者に売るようにしましょう。

学参プラザについて

受験用の参考書などを買取している業者で有名なのが「学参プラザ」です。

 学参プラザは参考書・予備校テキスト・赤本などを専門に買取している業者で年間150万点以上の取扱実績があります。通常の買取店では買取不可の本でも学参プラザなら買取してもらえることがあります。

買取方法は宅配買取のみで20冊以上まとめて売れば全国送料無料で利用できます。また、自宅に梱包用の段ボールが無い方でも希望すれば無料で段ボールを送付してもらえます。

ネットから申し込んで本を段ボールに詰めれば後は配送業者が集荷に来てくれるので自宅に居ながら本を売ることができます。

学参プラザでは他にもDVDやCD教材、模試問題集なども買取しているので大学受験に使用した物はまとめて売ることができます。

まとめて売った場合、20冊以上でプラス200円、30冊以上でプラス300円と以後10冊ごとに買取額が100円プラスされ、最大で100冊以上でプラス1000円と売る本が多くなればなるほど買取額がアップします。

学参プラザでは他にも定期的にキャンペーンを開催しているので高額買取が期待できます。

主な買取可能商品

参考書・予備校テキスト・赤本・青本・模試問題集・専門書・医学書・絶版参考書・中学、高校受験参考書、問題集

  • 20冊以上で送料無料
  • 段ボール無料送付
  • まとめて売ると買取額アップ
  • 予備校テキスト書き込み可

最後に

大学進学をきっかけに一人暮らしを始めたりすることで受験で使用した参考書を処分しようと考える人も多いです。

参考書などは人によっては数十冊使用することもあるのでまとめて売れば結構良い金額で売れるので思わぬ臨時収入が手に入る可能性があります。

査定自体は無料でできる業者が多いので一度試しに査定してもらうのがおすすめです。

公式サイトはこちら⇒大学受験参考書・赤本、予備校テキスト買取サイト「学参プラザ」

学参プラザの口コミと評判