切れ痔・いぼ痔はオロナイン軟膏で治るのか?

スポンサーリンク

オロナインと言えば、切り傷や肌荒れなどに使える万能薬的なイメージがありますが、痔にも効果があるという口コミがいくつか見られます。

痔になると排便時に痛みが出たり、長時間椅子に座るとお尻が痛くなるなど生活に支障が出てくるので、できれば避けたい病気です。

今回は痔はオロナインで治るのかについて調べてみました。

オロナインで痔は治るのか?

オロナインに関する口コミを見ると痔の治りが早くなったという口コミが何件か見られました。ただ、オロナインの効果、効能を見ると痔に関しては何も書かれていません。

オロナインの成分を見ても主成分として消毒効果のある「クロルヘキシジングルコン酸塩液」などが配合されていますが、炎症や腫れを抑える成分は含まれていません。

つまりオロナインを痔に塗っても炎症や腫れを抑えることはできないので、ほとんど痔を治す効果はないと思われます。

おそらくオロナインを塗って痔の治りが早まったと感じた人は、オロナインの効能である切り傷やあかぎれなどを治す効果による影響で若干、痔の治りを早めてくれたのかもしれません。

軽度の痔であれば、少しは治りを早めてくれるかのしれませんが、しっかりと治すのであれば、病院に行くか、痔専用の市販薬を塗る方が治りが早いと思います。

痔におすすめの市販薬

痔は悪化すると最悪手術しなければならない病気のため、早めに治療することが大切ですが、まだ、それほど症状が悪くないのであれば、病院に行かずに治療したい人も多いと思います。

もし痔で病院に行くのが恥ずかしいのであれば、市販薬を患部に塗れば炎症や痛みを抑えることができます。

痔の市販薬にはオロナインとは違い炎症、腫れ、かゆみなどを鎮める成分が配合されているため、数日間塗ればだいぶ痛みも治まるはずです。

ボラギノール

おそらく痔の薬で多くの方がイメージするのがボラギノールだと思います。ボラギノールはプレドニゾロン酢酸エステルが出血、腫れ、かゆみを抑え、リドカインが痛みとかゆみを鎮めてくれます。

塗りやすいように滑りやすい油脂性基剤を使用していて、刺激も少なくなっています。

ブリザエース

プリザエースは、痛みを抑えるリドカイン、
出血をおさえる塩酸テトラヒドロゾリン、炎症をおさえるヒドロコルチゾン酢酸エ
ステルなどを配合し、痔の治りを早めてくれる薬です。

オシリア

ヒドロコルチゾン酢酸エステルが炎症を抑え、肛門のかゆみ・腫れを鎮めます。リドカイン、ジフェンヒドラミン塩酸塩が、かゆみを素早く抑えます。べたつきの少ない使用感です。

痔の予防法

痔にならないためには日頃の生活習慣に気を付けることが大切です。痔の原因となる習慣を改善しない限りいくら治療をしてもまた痔を繰り返すことになります。

トイレで強くいきまない

トイレで排便する際に強くいきんでしまうと、肛門に強い負担が掛かるため、痔の原因となってしまいます。また、トイレに長居しすぎるのも痔を悪化させる原因となるので、出来るだけ短い時間ではトイレを済ませるようにしましょう。

ウォシュレットを使う

ウォシュレットを使用すると肛門を清潔に保つことができるため、痔の予防につながります。紙で何回も強く拭くと肛門を傷つけてしまう可能性もあるので、ウォシュレットを使うことで紙の使用量を減らすこともできます。

入浴する

毎日しっかりと湯船に浸かることで下半身の血液循環を良くすることができるので、痔の予防になります。

運動する

定期的に運動することは全身の血行を促進し、便通を良くしてくれます。運動不足を感じている方は軽いストレッチやウォーキングで良いので行うようにしましょう。

長時間同じ姿勢でいない

仕事柄デスクワークが多い方は長時間同じ姿勢でいることが多いので、合間にストレッチをして血液循環を良くしてあげましょう。

特に長時間椅子に座ると肛門付近の血行が悪くなり痔を悪化させる原因となるので注意が必要です。

刺激物を控える

辛い物や熱い食べ物は胃腸を刺激し、下痢を引き起こす原因となるので、極力控えるようにしましょう。

また、アルコールも下痢を引き起こしやすいので、大量に摂取するのは禁物です。

まとめ

オロナインは何にでも効くという万能薬のようなイメージがありますが、さすがに痔を治すのにはあまり効果はないようです。

もしオロナインを塗るにしても応急処置的な意味合いで塗るぐらいにした方が良いでしょう。

痔は症状が悪化すると手術をしなくてはならない病気なので、排便時に痛みを感じたり出血が見られたら早めに治療を受けるようにしましょう。