安くておしゃれなメガネが買えるJINSでメガネを作ってみた

スポンサーリンク

昔はメガネを作るとなると1本で何万円もするメガネを購入する必要がありましたが、眼鏡市場やZoff・JINSなどの1本、数千円~1万円台でメガネが作れる格安メガネ店が登場したことで気軽にメガネを作れるようになりました。

私も昔は1本3万円ほどのメガネを愛用していましたが、眼鏡市場でメガネを作るようになってから1本2万円以下でメガネを作れるようになりました。

 しかし、数年前からJINSがレンズ代込みで1本5000円のメガネを販売するようになったことでさらにメガネの低価格化が進むようになりました。

そこで私はJINSのメガネがどういったものなのか気になったのでJINSでメガネを作ることにしました。

公式サイトはこちら⇒JIN's オンラインショップ

f:id:labrador1192hayama:20160111015016j:plain

JINSの特徴

1万円以下でメガネを作れる

JINSのメガネの最大の特徴は低価格であることです。一番価格が高いものでも9900円(税抜き)安いメガネだと5000円以下で購入することができます。

一昔前はメガネを一本作るのに数万円掛かっていたことを考えるとかなりの低価格です。私は裸眼視力が0.1以下とかなり悪いのでレンズ代込みで5000円でメガネを作れるのはかなり驚きです。

私は結局、色々とあったフレームの中から5900円のセルフレームのメガネを購入しました。

おしゃれなフレームが多い

JINSはCMなどを見ても比較的若者向けのフレームが揃っているイメージがありましたが、実際に店舗を訪れてみるとおしゃれなフレームがたくさん置いてありました。

若者の人気のあるウェリントンやボストンといったフレームのメガネも多数展示されていたので店内には20代の姿も多く見受けられました。

機能性アイウェアがある

JINSにはパソコンから発せられるブルーライトをカットしてくれるPCメガネや花粉をカットしてくれるメガネなど機能性アイウェアも揃っています。これらのメガネも1万円以下の格安で購入することができます。

JINSの気になる点

店員のフィッティング技術に不安がある

私がJINSを訪れて思ったことは店員が全体的に若い人が多いということです。普通個人で経営しているメガネ店ではある程度経験を積んだ店員の方が接客をしてくれることが多いのですが、JINSは常に店員が5~6人ほどいておそらく正社員ではなくアルバイトの方がほとんどだと思います。

ですから検眼やフィッティング技術も経験のあるメガネ店に比べると劣る印象を受けました。特にフィッティング技術に関しては何回か調整をしてもらったのですが、どうもしっくりこずメガネの掛け心地もいまいちなままでした。

年配向けのメガネは少ない

JINSは展示されている商品を見ても全体的に若者向けのフレームが多く、年配向けのフレームは余り展示されていない印象を受けました。

来店しているお客さんも若い人が多かったので格安で気軽にメガネを作りたい若者向けのメガネ店だと思いました。

まとめ

JINSは格安でメガネを作ることができますが、その分回転率を上げるために検眼もあまり時間を掛けませんし、フィッティング技術も経験のあるメガネ店に比べると劣るのであまり近視が強くなくて、気軽何本もメガネを作りたい方向けのメガネ店だと思いました。

フレームも中国製で原価をかなり安くしているのでこのような低価格が実現できているのだと思います。

 しかし、JINSのような格安メガネ店が登場したことで気軽に何本もメガネを作れるようになったので特に若い人はメガネでおしゃれを楽しむことができるようになったと思います。

公式サイトはこちら⇒JIN's オンラインショップ