読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

字幕と吹き替えどっちが良いの?

ドラマ・映画
スポンサーリンク

海外ドラマや洋画を見る場合は字幕と吹き替えのどちらで見るのが良いのだろうか?

私は昔は吹き替えで洋画を見ることが多かったのだが、今は字幕で見るようになっている。なぜ昔は吹き替え派だったかというと単純に吹き替えの方が見ていて楽だったからである。

特に子供の頃は目で字幕を追うよりも吹き替えの方が画面に集中できるのでストーリーを把握しやすかったことも理由の一つである。

 では昔は吹き替え派だった私がなぜ現在は字幕派になっているかというと一番の理由は英語の勉強のためである。

基本的に私は勉強をすることが好きではないが、洋画を字幕で見れば自然と英語の勉強になるので映画を楽しみつつ英語を上達させることができると思い、字幕で見るようになった。

字幕と吹き替えどっちが良いの?

字幕と吹き替えで役者の印象が変わる

 私が字幕派になった理由は英語の勉強がきっかけであったが、字幕で見るようになって気付いたことがある。

それは同じ役者なのに字幕と吹き替えでだいぶ役者の印象が変わることである。

吹き替えの声優もできるだけ役者に合うように声を合わせているのだろうが、本人の声と聴き比べてみると声の高さなどが違ってくるのでどうしても印象が変わってしまうのだ。

特にこの現象は声優を専門としていない芸能人の吹き替えになるとより顕著に表れる。プロの声優ではない芸能人が吹き替えをやることは度々問題になることがあるが、私はできる限り声優を生業としている人が吹き替えをやるべきだと思っている。

 吹き替え派の言い分

 吹き替え派が字幕で映画を見ない理由として挙げられるのが

  • 目で字を追う必要があるので画面に集中できない
  • 字幕だと情報量が少ない
  • 吹き替えの方がストーリーを理解しやすい

などである。

確かに吹き替えの方が画面に集中できるし、字幕に比べ情報量も多いので見やすいと思う。しかし、役者の生の声を聞きたい私にとってはやはり字幕の方が役者本来の演技を感じることができると思う。

特に吹き替えの声がまったく役者の声と合っていない場合は、まったく印象が違うものになってしまう。

というわけで今後も私は英語の勉強を兼ねて映画は字幕で見ていこうと思っている。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中