いんきんたむしは女性もうつる!?

スポンサーリンク

いんきんたむしと聞くと男性がかかる病気のイメージがありますが、実は女性でも発症する可能性があることはご存知ですか?

特に最近はレギンスなどの蒸れやすい服装が流行しているため、女性でいんきんたむしにかかる方も増えているようです。

というわけで今回は女性のいんきんたむしについてまとめてみました。

いんきんたむしの原因

いんきんたむしは白癬菌(はくせんきん)という細菌が股部に感染し、発症します。女性が白癬菌に感染する原因として多いのはタイツやレギンスといった蒸れやすい服装をすることでカビが繁殖しやすいことが挙げられます。

特に締め付けの強い下着やジーンズなどをよく履く方は、蒸れやすくなっているので注意が必要です。

他にも公衆浴場や公衆トイレといった不特定多数の人が利用する場所では白癬菌に感染した方が利用する可能性も十分ありえるので、そこから感染することもあります。

女性がいんきんたむしに感染すると太ももや臀部に強いかゆみや湿疹が広がります。ただ、かゆいからといって掻きむしってしまうと、より症状を悪化させてしまうので掻きむしるのは禁物です。

水虫からの感染にも注意

いんきんたむしと水虫はどちらも白癬菌に感染することで発症する病気です。水虫は主に足に白癬菌が感染することで発症しますが、もし、自分が水虫に感染している場合、足に感染している白癬菌が何らかの理由で股部に感染する可能性があります。

女性でもブーツやストッキングなど足が蒸れやすい状態が多いと水虫に感染しやすくなります。

水虫に感染した場合は他の部位への感染を防ぐために、早めに治療するようにしましょう。

病院に行くのが恥ずかしい場合

いんきんたむしは場所が場所なだけに女性だと病院に行くのが恥ずかしくて、かなり症状が進行してから病院に行くケースが多いようです。

確かにいんきんたむしで病院に行くのは男性でも恥ずかしいので、女性が行くとなると中々勇気がいることだと思います。

いんきんたむしは白癬菌に感染することで発症する病気のため、症状がまだ軽い状態なら同じく白癬菌が原因で発症する水虫専用の薬を塗ることで症状を改善することができます。

市販の水虫薬であれば、病院に行かなくてもドラッグストアやネット通販で購入できます。

おすすめとしては「ブテナロック」や「ラミシール」あたりを選んでおけば安心です。水虫薬には白癬菌を殺菌する成分と炎症を鎮める成分などが含まれています。

まとめ

いんきんたむしは、特に女性の場合、あまり他人に知られたくない病気のため、周りに相談することもできないと思います。

とりあえず症状が軽いのであれば市販の水虫薬を塗って様子を見るのがおすすめです。ただ、市販薬を塗っても症状が改善しない場合は、医師の診察を受けるようにしましょう。

いんきんたむしは誰でも感染する可能性のある病気なので、いつどこで感染するかわからない病気です。

白癬菌への感染を予防するには毎日お風呂で身体をしっかりと洗うことです。常に身体を清潔にすることでもし、白癬菌が身体に付着しても洗い流すことができるので毎日の入浴は大切です。