読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

印鑑って100均でも売ってるの?

スポンサーリンク

ダイソーなどの100円ショップには文房具から化粧品、食器などあらゆるものが置いていますが、印鑑も売っているのはご存知でしょうか?

100均で印鑑が買えるというのは少し驚きですが、そんなに安い印鑑ではちょっと心配と言う方もいると思います。

というわけで、今回は印鑑についての情報をまとめてみました。

100均の印鑑

100均に売られているハンコは珍しい苗字でなければ、ある程度は置いてあると思います。ただ、100均のハンコは大量生産されているハンコのため、偽造されやすく大事な書類などに使用するのは避けた方が良さそうです。

実印と認印、シャチハタの違い

実印

実印とは市町村役所登録したハンコのことを言います。役所にこのハンコは実印だと証明されることで、法的に効力を持つことになります。

実印は重要な契約の際やローンを組み時などに使用されるものなので、簡単に偽造されないようなハンコを使用する必要があります。

ですから100均に売ってあるような大量生産されている既製品のハンコは偽造されやすいため、実印には向いていません。

認印

認印は宅配便の受取の際や書類の内容に目を通しましたと証明する時に使用されるハンコです。

認印は実印のように役所に登録する必要はなく、使用されるハンコも大量生産されている既製品のハンコを使用することがほとんどです。

シャチハタ

シャチハタとはスタンプ式の簡易型のハンコのことで、スタンプ台が要らないため、使い勝手は非常に良いです。

しかし、シャチハタは大量生産されている既製品のハンコなので、使用用途としては、宅配便の受取などのサイン的な意味合いの時に限られます。

銀行や保険の加入などシャチハタを印鑑として認めていない所も多いので、シャチハタで重要な契約の印鑑押すことはできません。

100均の印鑑って銀行印や実印としても使えるの?

ダイソーなどの100均で売られているハンコは「三文判」と呼ばれる大量生産されているハンコのため、防犯上の理由から銀行印や実印として使用するのはおすすめできません。

自治体によっては三文判では実印登録できない地域もあるので、実印を作るならそれなりの品質が要求されます。

そもそも実印や銀行印などは重要な書類に使用することが多いので、簡単に偽造できるようなハンコでは防犯上の面から考えても非常に危険なことです。

もし100均の印鑑を使うのであれば、宅配便や郵便物の受領印として使用するのが良いでしょう。

認印であれば、わざわざ高いハンコを使用しなくても100均のハンコで十分です。

実印や銀行印を安く作れるネット通販

昔であれば、実印を作るなら印鑑屋で作るのが普通でしたが、最近はネットで実印の通販を行っている業者が増えています。

ネット通販であれば、コストが安い上に偽造されにくいハンコを作ることができますし、事前にデザインを確認することも可能なので、自分の好みに合うハンコを作れます。

店舗によっては、即日発送が可能な場合もあるため、早く実印が必要な時にも便利です。

ネット通販サイト はんこプレミアム

はんこプレミアムは個人実印から会社実印、銀行印などを好みの書体やサイズなどで注文することができます。

10年保証がある上に価格も手頃な物が多く、即日出荷もあるので、スピーディーな対応が可能です。

事前に印鑑のデザインを確認することもできます。

公式サイトはこちら⇒はんこプレミアム

まとめ

100均に売られている印鑑は宅配便や郵便物の受取など簡単な受領印などに使用するのが良いでしょう。

それとは別に重要な契約時には偽造されにくい実印を持っておくのが安心です。状況によってハンコを使い分けるのがおすすめです。