稲盛和夫の本でおすすめ10選をまとめてみた!

スポンサーリンク

京セラやKDDI)などを創業し、JALを再建した経営者、稲盛和夫の著書を紹介したいと思います。

京セラフィロソフィ

600ページを超えるボリュームの中に稲盛和夫の経営哲学を深く学ぶことができる本です。この本は経営者の方はもちろん、仕事をするすべての方が参考になることが掛かれているためとても勉強になります。

稲盛和夫の実学

経営者として成功するには会計の知識も備わっていないといけないということが良くわかる本です。

会計士や経理部門で働いている方は目から鱗なことばかりだと思います。

稲盛和夫の経営塾 Q&A高収益企業のつくり方

数々の企業を成長させてきた稲盛和夫氏が高収益企業の作り方について語った本。なぜ高収益企業を目指すのか、従業員をやる気煮させる方法など経営者は必読の一冊です。

人を生かす 稲盛和夫の経営塾

社員をやる気にさせ、リーダーを作るにはどのようにすれば良いのかを経営者の多くが抱える悩みを解決してくれる本。

中小企業の経営者たちの悩みに対して的確に助言を加える稲盛和夫氏の経営哲学は非常に勉強になります。

燃える闘魂

稲盛和夫氏の言葉にはとても力強さがあり、稲盛式経営学や日本経済への問題提起など経営に関する哲学がこの11冊にまとめられています。

生き方

100万部を超えるベストセラーとなったこの本は、稲盛和夫がの人生哲学語りつくした一冊です。人として大切なこと、人生とは何なのかを見つめ直すきっかけとなる本です。

アメーバ経営

 京セラを大企業へと成長させたアメーバ経営の手法を存分に語りつくした一冊。組織を小さく分けることで全員参加型の経営を実現させた革命的な手法は経営者は必読です。

働き方「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

なぜ人間は働くのかなど仕事に関して悩んでいる人に正面から向き合ってくれる一冊です。この本を読むことで仕事への向き合い方を改めるきっかけになります。

心を高める、経営を伸ばす 素晴らしい人生をおくるために

社員28名だった京セラを大企業へと成長させた経営哲学を凝縮した一冊。経営者だけでなく、これから就職する学生や仕事に生き詰まった社員など多くの人が参考になる本です。

稲盛和夫の哲学 人は何のために生きるのか

人は何のために生きるのかを稲盛和夫氏の哲学とともに学ぶことができる一冊。人生の道しるべになる本です。