読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林修先生の本でおすすめを紹介します!

書籍
スポンサーリンク

「今でしょ!」が流行語大賞を受賞し、今やテレビで引っ張りだこの林修先生ですが、これまでにいくつかの本を出版しています。

テレビで話をする林修先生はとても知識が豊富で解説もわかりやすく、非常に頭の良い人だというのがわかります。

そこで今回は、そんな林修先生の著書をいくつか紹介したいと思います。

林修先生のおすすめ本

今やる人になる40の習慣

本当は今やらなくてはいけないのに、ついつい先送りしてしまうことって結構ありますが、そんな人に対して「今やる」ことの大切さを説いた本です。

確かに面倒くさいことってどうしても後回しにしてしまいがちですが、この本を読んでからは面倒くさくても後回しにせず、すぐに取り組みようになりました。

文章も構成が上手くまとめられていてとても読みやすかったです。

林修の仕事原論

林修先生自身予備校の講師をやる前は銀行に就職してすぐに退職したり、ギャンブルで借金をするなど、様々な経験をしてきたからこそ、今の成功につながっているのだと本書を読んで感じました。

印象的だったのは、「正しい場所で正しい方向で十分な量なされた努力は裏切らない」という言葉です。どれだけ努力をしても間違った方向に努力をしていては、いつまで経っても結果は出ないというのは勉強になりました。

林修の仕事がうまくいく「話し方」講座

林修先生はテレビで話をしているところを見てもとても話しがわかりやすくて論理的だというのがわかります。

さすがに長年予備校で現代文の講師をしているだけあってどのように話をすれば相手が理解できるのかを熟知しているのだと思います。

この本では相手に伝わる話し方や使えるフレーズなどを解説してくれます。この本を読めばもっと人との会話が楽しくなりそうな気がしました。

すし、うなぎ、てんぷら ~林 修が語る食の美学

食通でもある林修先生が選んだお店の店主にインタビューしながら話をしていくスタイルの本です。

この本は自己啓発系の本とは違いますが、職人のプロ意識と心構えなど非常に勉強になることが書かれています。

分野は違くてもプロというのは仕事に対する取り組み方が一流であるというのがよくわかります。

受験必要論 人生の基礎は受験で作り得る

受験することが人生において必要なことなのかを論じている内容ですが、受験を通して気づくことや受験をする意味などが分かりやすく書かれています。

私自身、高校、大学と受験を経験しましたが、短い期間であっても勉強を頑張るというのは人生において経験して良かったことだと思います。

林修先生式の勉強法や予備校講師としての在り方なども述べていて面白かったです。

いつやるか? 今でしょ!

流行語大賞にも選ばれた「今でしょ!」というフレーズですが、本書の内容はギャンブルや文学作品、歴史などを交えながら論理的に解説してくれるので、とてもわかりやすくてスラスラ読むことができました。

この本を読んでも林修氏の知識の豊富さと頭の回転の速さなどがよくわかります。どの分野においても成功する人というのは共通した何かを持っているのだと思います。

林 修の「今読みたい」日本文学講座

林修氏はとにかく子供の頃から読書が好きでこれまでに数々の本を読んできたそうです。

この本では文学好きの林修氏がこれまでに読んできた作品の中から厳選された15作品を解説付きで紹介しています。

私はあまり小説は読んだことがありませんが、林修氏の解説がとても的確で小説に興味のない私でも読んでみたいと思わせてくれます。