読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯ぎしりの原因と治す方法 マウスピースの効果は?

睡眠
スポンサーリンク

みなさんは家族に「寝ている時に歯ぎしりしている」と言われたことはありますか?

歯ぎしりは睡眠中に無意識にしてしまうものなので意識的に止めようと思ってできるものではありません。

歯ぎしりがひどい人は恐らく朝起きたときに歯が痛くなったり、頭痛がしたりすることが多いと思います。

私も子供の頃から歯ぎしりが癖になっていて家族によく歯ぎしりしていると指摘されていました。

歯ぎしりをする原因にはストレスや歯の噛み合わせが合わないことが挙げられます。という訳で今回は歯ぎしりを治す方法について紹介していきます。

歯ぎしりの原因

ストレス

歯ぎしりをしてしまう原因で一番多いと言われているのがストレスです。仕事や家庭のトラブルなどでストレスが溜まると歯ぎしりが出やすくなる傾向があります。

人間はストレスが溜まると無意識に体を動かしてストレスを発散させようとするためその行動の1つとして歯ぎしりが出てしまうのです。

ストレスを上手く発散できるようにすれば歯ぎしりも解消されるはずです。

歯並びが悪い

他にも歯並びが悪くて歯の噛み合わせのバランスが良くない人も歯ぎしりをしやすい傾向があります。

歯ぎしりをずっとし続けると歯がだんだんとすり減っていくので最悪の場合、歯がすり減ることで虫歯になったり歯がしみるようになります。

喫煙や飲酒

喫煙や飲酒も歯ぎしりの原因となることがあるので過度な喫煙や飲酒はできるだけ避けた方が良いでしょう。

歯ぎしりを放っておくことは歯の健康面で考えても良いこととは言えないので早めに対処することが大切です。

歯ぎしりの悪影響

顎関節症

毎日のように歯ぎしりをすると顎にかなり負担が掛かるので場合によっては顎関節症になる可能性があります。

顎関節症になると顎が痛くて開けられなくなったり、食事を上手く取れないなど影響が出てきます。

頭痛・肩こり

歯ぎしりは顎の筋肉だけでなく首や頭部の筋肉まで影響が出るので肩こりや頭痛を引き起こすことがあります。

睡眠中に歯を食いしばった状態が続くため筋肉を過剰に動かすことで痛みが出てきます。

歯が欠ける

歯ぎしりをしていると歯がどんどんすり減ってしまい、歯が欠けてしまうこともあります。歯ぎしりの負担は最大70kgと言われているのでかなり歯に負担が掛かることがわかります。

歯ぎしりを治す方法

歯ぎしりになる原因のほとんどはストレスから来るものなのでまずストレスを溜めないようにすることが大切です。

ストレスを解消するだけでもかなり歯ぎしりが改善されるはずです。ただそうは言っても中々簡単にストレスを無くすことも難しいのでそういった場合は、マウスピースを使用するのがおすすめです。

睡眠時にマウスピースを着用することで歯ぎしりできなくなるので歯を守る効果があります。マウスピースは歯医者に行けば5000円ほどで作ってもらえます。

もしも歯医者で作るのが面倒な人は市販のマウスピースも販売されているのでそれを使用するのもおすすめです。

市販のマウスピースはお湯につけて自分の歯型に合わせることができるので自分専用のマウスピースを作ることが可能です。価格も1000円~2000円ほどで購入できます。

私も最初は寝るときにマウスピースを付けるのに抵抗があったので市販の安いマウスピースを買いました。

市販品ですが、お湯につけて自分の歯型に合わせることができるので思ったよりも口の中でフィットする感覚がありました。

マウスピースを使用する前は朝起きると頭痛がしたり歯が痛いことがよくありましたが、マウスピースを着用するようになってからはそういった症状も出なくなりました。

一緒に住んでいる家族からも歯ぎしりをしなくなったと言われたのでマウスピースを着用したことによって歯ぎしりが抑えられたのだと思います。

睡眠環境にも気を使おう

歯ぎしりを予防するには質の良い睡眠をとることが大切です。例えば就寝前にスマホやパソコンを長時間いじると脳が興奮してしまい上手く入眠に入ることができなくなります。

また、寝る姿勢についても横向きやうつ伏せだと歯ぎしりをしやすくなるので仰向けで寝るのがおすすめです。

室温や寝具にもできるだけ気を使って快適な睡眠環境を作ることが歯ぎしりの予防に繋がります。

まとめ

歯ぎしりを放っておくとどんどん歯がすり減ってしまい、歯がぼろぼろになってしまうこともあるので歯ぎしりの症状が出ている人は早めに対処するようにしましょう。

もしも同居している家族がいる場合、自分の歯ぎしりによってかなり迷惑している可能性があります。

歯ぎしりを改善するにはストレスを溜めないことが一番ですが、マウスピースを使用して予防することもできるので歯ぎしりに悩まされている人はぜひ一度試してみて下さい。