読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーディオブックFeBeがかなりおすすめな理由

スポンサーリンク

私は月に何冊か本を読むようにしていて、昔は紙媒体の本を読んでいたのですが、ここ数年は電子書籍の普及によりiPadやスマホで本を読むようになりました。

しかし、数か月前に本の内容を音声で読み上げてくれるオーディオブックというものがあると知り最近はオーディオブックで本を聴くことが増えてきました。

オーディオブックで本を聴くようになってから電車の中や歩いている時でも本を聴けるようになったので今までに比べてより本が身近なものになりました。

今回は私がオーディオブックを購入している「FeBe」についてまとめてみました。

公式サイトはこちら⇒ 【FeBe(フィービー)】

オーディオブックのメリット

通勤中に本が聴ける

オーディオブックの大きなメリットとして挙げられるのは音声で本の内容が聴けるので通勤中に音楽を聴くのと同じように小説やビジネス書といった本を聴くことができることです。

通勤中以外にもちょっとした移動時間や休憩中などに音楽を聴くような感覚で読書できるので時間を効率よく使うことができます。

今まで本を読むことが出来なかった時に本を聴くことができるのは時間を有効に使いたい人にとってはかなり大きなメリットです。暇で何もすることが無かった時間をオーディオブックを利用することで有意義な時間に変えることができます。

私自身オーディオブックを利用するようになってから今まであまり読まなかった小説を読む機会が増えました。

家事をしながら聴ける

オーディオブックは毎日家事に忙しい主婦の方にもおすすめです。掃除や洗濯、料理など家事の最中にもオーディオブックであれば読書することが可能です。

家事をしている時間さえも有効活用することでより有意義な時間を過ごすことができます。

本を持ち運ぶ必要が無い

通勤中などに本を読む場合カバンに本を入れる必要があるので少し邪魔になることがあります。それに対してオーディオブックでは音声をダウンロードすれば音楽プレイヤーでいつでも再生することができるので本を持ち運ぶ必要もありませんし、とても手軽です。

また、本を沢山購入すると置くスペースも必要になりますが、オーディオブックではそのような心配もありません。私も以前は本を買ったまま読まないでいることが多かったのですが、オーディオブックを利用するようになってからそのようなことも無くなりました。

FeBeの特徴

ここからはオーディオブックサービス「FeBe」について紹介します。

ベストセラー作品も多くラインナップされている

FeBeは現在、作品数が15000点用意されていて、ベストセラーになった小説やビジネス書なども購入することができます。

f:id:labrador1192hayama:20160212013041p:plain

FeBeは現在日本でオーディオブックサービスを展開している中では一番作品数が多いサイトなのでオーディオブックを探すならFeBeで探すのがおすすめです。

一度ダウンロードすれば何回でも聴ける

FeBeのオーディオブックは一冊ごとに購入する形となっていて一度購入した作品は無期限で何度でも聴くことが可能です。

ダウンロードした音源はiPodやパソコン、CDに焼くなどできるのでお好きな方法で作品を楽しむことができます。

再生速度を調節できる

FeBeでは専用のアプリをスマホにダウンロードすると再生速度を1.0~4.0まで、0.1刻みで聴きながら細かく調整できるようになります。

再生速度を早くすれば短時間で本を聴くことができるので時間を節約したい時におすすめです。私も普段は1.5倍速で再生していますが、十分音声を聞き取ることができているので問題ありません。

FeBeの気になる点

電子書籍に比べると価格が高い

FeBeで販売されている作品は基本的に紙媒体の本と同じ価格で販売されているので電子書籍に比べると若干価格が高くなっています。

ですから電子書籍を読むことに慣れている人にとっては若干高く感じるかもしれません。そういった場合はゆっくり時間を掛けて読みたい本は電子書籍で購入をして通勤中などのちょっとした合間に聴きたい本はオーディオブックで購入するのがおすすめです。

またオーディオブックは電子書籍に比べるとまだ作品数も少ないので電子書籍と併用して利用するのが一番賢い利用の仕方ではないかと思います。

今後のコンテンツ量の増加に期待

オーディオブックはまだ発展途上のサービスだと思うので今後の作品数の増加に期待したいです。私自身オーディオブックを利用するようになってからすき間時間を有効に使えるようになり、より人生が充実するようになりました。

本を聴くということが習慣化されればより時間を効率よく過ごすことができると思います。

公式サイトはこちら⇒ 【FeBe(フィービー)】