うるさい騒音には防音用イヤーマフがおすすめ!

スポンサーリンク

私が現在住んでいる自宅は車の走行音や人の喋り声、工事の音など様々な騒音が聞こえてきます。

人間にとって騒音はとてもストレスになるものなので、できれば静かな環境で過ごしたいものです。

私の場合、自宅で仕事をすることが多いので、集中したい時は防音用のイヤーマフを使用しています。

イヤーマフとは射撃場などでよく見るヘッドホンのような形をした防音器具で、工事現場など騒音が大きい場所で作業をする人のために開発されたものです。

しかし、今ではその高い防音性能から生活騒音を防ぐために使用する人が増えています。

私自身もイヤーマフを使うようになってから煩わしい騒音に悩まされることがなくなり、快適に過ごせるようになりました。

特に集中して作業したい時に騒音が聞こえてくると集中力がかなり削がれるので、今ではイヤーマフは無くてはならない存在です。

イヤーマフってどこで買えるの?

イヤーマフを買うには、ホームセンターや家電量販店などに行けば買うことができます。ただ、地域によってはあまり種類がたくさん置いていないこともあるので、一番確実なのはAmazonや楽天市場などのネット通販で買うことです。

ネット通販ならたくさんの種類の中から選べるので、自分に最適な物を選ぶことができます。

私の住んでいる地域もイヤーマフがあまり売っていなかったので、Amazonで購入しました。

防音用イヤーマフの選び方

イヤーマフを選ぶ上で重要なのは防音性能・フィット感・価格などです。購入する際はこの辺りを重視して選ぶと良いでしょう。

防音性能

防音性能についてはNRRという防音性能を評価する数値を基準にします。だいた、イヤーマフであれば、NRR30dB以上あれば、かなり防音性能が高いことがわかります。

ちなみにNRR30dBというのは70dBの騒音であれば、40dBまで騒音を下げてくれるという意味です。

70dBとは騒々しい事務所ぐらいの騒音なので、そこから40dBというのは図書館レベルまで音量が小さくなるということになります。

フィット感

イヤーマフは長時間装着していると耳が痛くなることがあるため、フィット感が良いかどうかは結構重要な要素です。

フィット感が悪いといくら防音性能が高くてもすぐに耳が痛くなるので、あまり効果を感じることができません。

本来であれば、買う前に実際に装着してみるのが一番ですが、売ってある商品を試すことは難しいので、選ぶ基準としては、ワイヤーの長さが調節可能であることと、できるだけ重量の軽い物を選ぶのがおすすめです。

ワイヤーが自由に調節できれば、自分で圧迫感を調節できるため、耳が痛い時は少しワイヤーを緩めてあげれば、圧迫感が軽減できます。

重量については、あまり重すぎると首などに負担が掛かるので、疲れやすくなります。

価格

防音用イヤーマフはだいたい3000円~5000円程度で売られています。これぐらいの価格帯でもかなり防音性能の高いイヤーマフを買うことができます。

中には1000円以下で買えるものもありますが、あまり安すぎると防音性能が低かったりするので、あまりケチるのは止めておきましょう。

イヤーマフを付けて睡眠を取れるのか?

人によってはかなり神経質でちょっとでも物音がすると、目が覚めたり、寝付けなかったりする人が意外といます。

そんな時はだいたい、耳栓を付ける人が多いと思いますが、耳栓だと耳が痛くなったり、寝ている途中に外れてしまうこともあるので、イヤーマフを睡眠時に装着しようと考えている人もいると思います。

イヤーマフを付けたまま寝るうえで気になるのが寝返りを打てるのかどうかです。正直イヤーマフを付けたまま寝返りを打つのは難しいので、耳栓よりも寝づらさはあると思います。

ただ、それほど寝相が悪くない人であれば、イヤーマフを付けたままでも眠ることはできると思います。

私も以前、イヤーマフを付けたまま寝たことがありますが、その時は起きた時もイヤーマフが外れることなく、眠ることができました。

おすすめの防音イヤーマフ

最高レベルの防音性能を誇るぺルターX5A

とにかく防音性能にこだわるなら「ぺルターX5A」を選んでおけば間違いありません。X5AはNRR31dBとイヤーマフの中でも最高レベルの防音性能を誇ります。

フィット感も良く、頭のサイズに合わせてワイヤーを調節できるため、微調整も可能です。価格は4000円ほどとなっています。

X5Aに匹敵する防音性能のぺルターH540A

「ぺルターH540A」はNRR30dBとX5Aとほぼ同等の防音性能を誇るイヤーマフです。H540Aはどちらかと言うと低音を防音してくれる性能が高いという気がします。

もちろん防音性能も非常に高いため、余程大きな騒音で無ければ無音に近い状態を作ることができます。

イヤーカップ部分はクッションがあるため、フィット感も良く、長時間装着していても痛くなりにくい構造になっています。

まとめ

防音用イヤーマフは生活騒音を防ぐのにとても役に立つアイテムです。もし騒音がうるさくて集中できない、ちょっとした物音でも目が覚めてしまうといった方はぜひ一度イヤーマフを試してみてください。

かなり周囲の騒音を小さくできるはずです。もし自宅自体を防音仕様に変えるならかなりの費用が掛かりますが、イヤーマフであれば、数千円程度の費用で済むので、とても経済的です。