読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠の時におすすめの最強イヤーマフはこれ!耳栓との併用で効果抜群!

スポンサーリンク

イヤーマフは射撃の際の発射音から耳を保護するために、使用されることが多い、防音器具ですが、日常生活における騒音を防ぐのにも効果的です。

良い睡眠を取るには静かで暗闇の環境が最適と言われていますが、そうは言ってもそのような環境で寝ることが難しい人も多いと思います。

マンション住まいで隣の住人の騒音が気になったり、家族と同居をしていてうるさいと感じる人もいるはずです。

私が住んでいる家も外から人の声や車の音などの騒音がよく聞こえてくるので中々リラックスして眠ることができません。

特に神経質な人は一度騒音が気になってしまうとずっとその音が気になってしまい中々寝付けないなんてこともよくあります。

騒音によって深い睡眠が取れないと日常生活にも悪影響を及ぼす可能性があるので落ち着いた環境で睡眠を取ることは非常に重要なことです。

これらの騒音を防ぐためにはイヤーマフがあれば安心して眠りにつくことができます。

イヤーマフの効果

騒音を小さくする

話し声や隣室の生活音など不快な騒音が聞こえてくるとストレスが溜まりやすくなりますが、イヤーマフを装着することで不快な騒音を小さくすることができるため、快適な生活を送ることができます。

集中力アップ

何かに集中して取り組みたい時に騒音が聞こえると集中力が削がれるので、イヤーマフを付けて静かな環境を作ることは集中力アップの手助けをしてくれます。

良質な睡眠が取れる

睡眠中に不快な騒音が聞こえると熟睡することができず、良質な睡眠を取ることができないので、イヤーマフを付けることで良質な睡眠を取ることができます。

イヤーマフでぐっすり眠れる

私の場合はイヤーマフを使用するようになってから騒音に邪魔されることが無くなったので質の良い睡眠が取れるようになりました。

音を遮断するだけでこれほどまでに睡眠の質に違いが出るとは思わなかったので驚きです。

ただ、イヤーマフは耳栓と違ってサイズも大きいので寝るときに邪魔にならないのか気になると思います。

確かにイヤーマフはヘッドホンのような形をしているので寝返りを打つのは難しいです。ただ、余程寝相が悪い人でなければ仰向けの状態なら普通に眠れるので問題ありません。

私も今のところ、イヤーマフを付けて寝ても朝起きたらイヤーマフが外れてしまうようなことは起きていません。

最初はイヤーマフの装着感がきつく感じるかもしれませんが、慣れてくればほとんど気にならなくなります。

イヤーマフを付けることで騒音が遮断されるので小さな物音で起きてしまう方でもぐっすり眠られるはずです。何より騒音を気にすることなく眠れるので精神的にも楽ですし、安心して睡眠が取れるようになります。

睡眠の妨げになる騒音レベル

WHOによると夜間の騒音レベルが30dB以下であれば睡眠の妨げにはならないとされています。30dBというのはささやき声や深夜の郊外と同じぐらいの騒音です。

これが55dBを超えてくると健康を害するレベルの騒音と言われています。だいたいエアコンの室外機の騒音が50dBなので55dBというのはかなりうるさく感じる音だとわかります。

自宅が線路の近くにあったり、人通りの多い道のそばに住んでいる方などは騒音に悩まされている方が多いと思います。

イヤーマフによって騒音レベルを下げることができればかなり騒音によるストレスは軽減されるはずです。

イヤーマフはどこで売られているの?

イヤーマフを店舗で購入する場合、ホームセンターや家電量販店に行けば販売されていると思います。しかし、店舗によっては種類があまり置いていなかったりする可能性もあるので、一番おすすめなのはネット通販を利用することです。

Amazonや楽天では様々な種類のイヤーマフが売られているので、自分に合うイヤーマフを見つけやすいです。

イヤーマフの選び方

イヤーマフを選ぶ上でポイントとなるのが

  • 防音性能
  • フィット感
  • 重さ

などです。

特に防音性能に関しては多くの方が一番重視するポイントだと思います。防音性能が低いとイヤーマフを装着してもあまり騒音を小さくすることができないので、イヤーマフを選ぶ際は防音性能をちゃんと調べて購入するようにしましょう。

フィット感については装着した時にフィット感が悪いと耳が痛くなったり、頭痛が起きたりすることがあります。

本当は購入前に実際に装着してみるのが一番良いのですが、中々それは難しいのでワイヤーの長さを調節できるものを選ぶのが良いでしょう。

重さについてもあまり重すぎると首が疲れやすくなるので、できるだけ軽い方が首への負担が少なくて済みます。

遮音性の高さならX5Aが最強

イヤーマフの遮音性能を表す数値としてNRRという数値がありますが、中でも一番のおすすめが「ぺルター X5A」です。

X5AはNRR31というイヤーマフの中でも最高レベルの遮音性を誇るので騒音を遮断するには最適なイヤーマフです。

NRR31というのは騒音を31dB分、遮ってくれるという意味です。騒音が31dB小さくなればかなり騒音は聞こえづらくなるはずです。

ストレス無く快適に睡眠を取れる騒音レベルは30dB以下なのでX5Aを使用すれば60dB程度の騒音であれば睡眠に影響が出ないレベルまで騒音を下げることができます。

X5Aはイヤーカップの可動域も広く幅広い頭のサイズに対応しているのでフィット感も良くなっていて締め付け具合も調整することができます。

X5Aの口コミ

X5Aは防音性能も素晴らしいですが、イヤーカップの締め付け具合も調節できるため、フィット感にも優れています。

これを装着していると周りの騒音が全く聞こえなくなるのでかなり快適に過ごすことができています。長時間装着してもあまり耳が痛くなることもないのも良いです。

PELTOR H540A

同じペルター製のイヤーマフでもう1つおすすめなのが「H540A」です。

 H540Aは NRR30dBとX5Aに匹敵する遮音性を誇り、ワイヤーも頭の大きさに合わせて調節できるため、フィット感にも優れています。

価格もX5Aが約4500円に対して3500円ほどで買えるので1000円ほど安くなっています。

子供用イヤーマフ

自閉症などが原因で子供でも音に過剰に反応してしまう場合がありますが、イヤーマフは大きな音が苦手なお子さんにもよく使用されています。

イヤーマフを付けることで人込みや騒がしい場所でも落ち着いて行動することができるので、騒がしい場所が苦手な子供にはイヤーマフを試してみてください。

子供用のイヤーマフは頭のサイズに合わせて調節可能なので年齢に合わせて使用可能です。

イヤーマフの問題点

イヤーマフを寝るときに着用する場合、問題になるのがサイズの大きさです。耳栓であれば耳の穴に入れるだけなので寝返りも楽に打てますが、イヤーマフを付けるとそうはいきません。

特に夏場になると気温も上がるのでイヤーマフを付けていると蒸し暑いと感じる人もいるでしょう。ただ、慣れてしまえばそれほど気にならないので騒音を遮断できると考えればメリットの方が大きいと思います。

あともう一つに気になるのが眼鏡を掛けている場合です。

眼鏡を掛けた状態でイヤーマフを付けると眼鏡のツルがイヤーマフのパッドの部分と当たるため、人によっては気になるかもしれません。

ただ、締め付け具合を上手く調節すれば眼鏡を掛けた状態でも違和感なく使用することはできるのでもし気になるなら自分なりに調節してみるのがおすすめです。

耳栓も同時に付けるとさらに効果的

普通の人はイヤーマフを装着するだけでもかなり騒音が聞こえにくくなりますが、より完璧な静寂を求めるなら耳栓とイヤーマフを併用するのがおすすめです。

騒音を遮断するのに良く使用される耳栓とイヤーマフを併用することで最高の睡眠環境を作ることができます。

これなら余程大きな騒音でない限りまず音が聞こえることはないのでぐっすり眠ることができるでしょう。

耳栓はモルデックスの耳栓が一番遮音性が高いです。お試しパックなら8種類の耳栓を試すことができるのでおすすめです。

まとめ

マンション住まいや大通りに面した場所に住宅がある方は騒音によって中々落ち着いて睡眠を取ることが難しいと思います。

でもイヤーマフがあれば騒音を気にすることなく眠ることができます。もちろん寝るとき以外にも読書をしたり、勉強で集中したい時などにイヤーマフを使用すれば周りの騒音に邪魔されることなく過ごすことができます。

イヤーマフはそのような悩みを解決してくれるアイテムとしておすすめなので興味を持たれた方はぜひ試してみて下さい。