読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングジム デジタル耳栓のレビューをします

スポンサーリンク

普段生活する中で冷蔵庫の音や扇風機の音、通勤中の電車の走行音など様々な騒音を感じることがあります。

これらの騒音は集中したい時にうるさいと感じることがよくあるので、できれば静かな環境で過ごしたいと誰しもが思うものです。

騒音を遮断するには耳栓をするのが効果的ですが、今回紹介するのはキングジムの「デジタル耳栓」という少し聞きなれない商品です。

普通耳栓と言えばウレタン素材でできた耳栓をイメージすると思いますが、デジタル耳栓とは一体どういうことなのでしょうか。

私は新幹線や飛行機、バスなど移動中によく本を読むのですが、本を読むときは周りが騒がしいと集中できないのでいつも耳栓をしていました。

ただ、1つ問題なのが耳栓を使用すると周りの騒音をかなり遮断することができるのですが、すべての音を遮断してしまうので、着信音やアナウンスなどの必要な音まで聞こえなくなるということです。

しかし、デジタル耳栓はノイズキャンセリング機能により、電車の走行音などの環境騒音だけを遮断してくれるため、アナウンスや着信音といった肝心な音はしっかりと聞こえるようになっています。

サイトの説明によると、環境騒音を約90%カットしてくれるそうです。

f:id:labrador1192hayama:20160916024228j:plain

見た目はオーディオプレイヤーのような形をしていて、単4アルカリ乾電池1本で約100時間駆動するそうです。

サイズも非常にコンパクトで、電池を入れても重量は50g程度らしく、胸ポケットなどに入れることもできます。

また、付属のイヤーピースはサイズの違うものが4つ用意されていて自分の耳の大きさに合わせて最適な物を選ぶことができます。

使用した感想

デジタル耳栓の装着感は耳栓ほど圧迫感はなく、イヤホンを付けている感覚に近い気がします。

最初はノイズキャンセリング機能をOFFにした状態で付けたところ、若干周りの音が聞こえにくくなりましたが、普通の耳栓と比べると遮音性は低いと感じました。

ただ、ノイズキャンセリングをONにすると周囲の音がとたんに消えるのがわかりました。

使用した場所は自分の部屋でしたが、エアコンや扇風機の音、車が走る音などがかなり軽減されていました。

その後、飛行機や街中などで試してみたところ、人の話し声やアナウンスの声などは聞こえましたが、それ以外の環境音はかなり軽減されているのがわかりました。

また、ノイズキャンセリング機能の気になる点として、「ホワイトノイズ」の問題があります。

私は以前、ノイズキャンセルイヤフォンを使用したことがありますが、音楽を聴いている最中はホワイトノイズは全く気になりませんでしたが、音を出していない状態だとホワイトノイズが結構気になることがありました。

ただ、デジタル耳栓の場合、音楽を再生する機能はないため、ホワイトノイズが聞こえないか不安がありましたが、ホワイトノイズ自体は微小で、ほとんど気になることはありませんでした。

ノイズキャンセリングをOFFにするとすごく騒がしい音が聞こえてきたのでこれがあるのと無いのでは全然聞こえ方が違いました。

普通の耳栓を使用していた時はアナウンス音などが聞こえないことが多かったので余計な騒音だけを遮断してくれるのは予想以上に便利だなと思いました。

気になった点

実際にデジタル耳栓を使用してみて想像以上に騒音を遮る効果を感じることができました。

ただ、あくまでもノイズキャンセリング機能は走行音や機械音などを遮断してくれるのであって、話し声などの突発的な音を遮ることはできません。

ですからあらゆる騒音を遮断するなら普通の耳栓の方が効果は高いと感じました。

また、手軽さという点においても普通の耳栓であればコードも付いておらず、本体も必要ないのでデジタル耳栓の方が劣っていると言えます。

ただ、椅子に座っている分にはデジタル耳栓でもほとんど気になることはないのであまり神経質になる必要はないかもしれません。

まとめ

デジタル耳栓のメリット

  • 環境騒音を遮り、アナウンス音はしっかりと聞こえる
  • ホワイトノイズも微小で気にならない
  • 耳栓ほど圧迫感が無く、サイズもコンパクト
  • スイッチのON/OFFの切り替えが簡単
  • イヤーピースがサイズ別に4個用意されている

デジタル耳栓は普通の耳栓の欠点を上手く解消した優れた商品です。

軽量で持ち運びもしやすく、コードも絡みにくいので静かな環境で過ごしたい人にとてもおすすめです。

特に忙しい人ほど移動中に作業などをする必要があるので、静かな環境で過ごしたいと思うはずです。

価格は4000円近くするため、耳栓としてはかなり高額ですが、普通の耳栓のような消耗品ではなく、頻繁に交換する必要もないのでコスト的にも高い買い物ではないと思います。

カフェや移動中の時間がより充実したものになりそうです。