読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイクルコンピューターはキャットアイがおすすめ!

自転車
スポンサーリンク

サイクルコンピューターは自転車の「速度」や「走行距離」などを測ってくれる唯一のアイテムなのでロードバイクやクロスバイクに普段乗られている方にとっては必須のアイテムと言えます。

サイクルコンピューターで速度や距離などを計測することでより自転車を楽しむことができますし、モチベーションも上がります。私もサイクルコンピューターを付けるようになってからより自転車が楽しいと感じるようになりました。

そこで今回はサイクルコンピューターについてまとめてみました。

サイクルコンピューターでできること

サイクリングが習慣的になると次第に自転車を漕ぐだけでは物足りなくなり、スピードや走行距離などを正確に測りたいと思うようになるものです。

サイクルコンピューターはマンネリ化しつつあるサイクリングに新たな刺激を与えてくれます。サイクルコンピューターで計測できる主な数値は走行速度や平均速度、走行距離、走行時間などです。

これらの数値は走行中に確認することができるので数値を見ながら速度を上げたり、走行距離を確認することが可能です。

サイクルコンピューターは別に本格的に自転車レースに参加している方だけが付けるものではなく趣味でサイクリングをしている人でも付けている人はたくさんいます。

サイコンを付けるだけで自分の走りのクセや傾向を細かく分析することができるのでより自転車の楽しさを感じることができます。

ワイヤレスと有線どちらを選ぶべき?

サイクルコンピューターを選ぶ際にまず決めなくてはならないのはワイヤレスと有線のどちらを選ぶかということです。

現在販売されているサイコンの多くはワイヤレスタイプになっていて多くの方がワイヤレスの方を選ぶ傾向があります。

ワイヤレスと有線の一番の違いは配線のある無しです。

ワイヤレスだと配線が無いため、自転車への取り付けも優先に比べると簡単で見た目も非常にスッキリします。

配線があると取り付けも大変ですし、汚れも付くため、手入れがしづらいというデメリットもあります。

私も初めてサイコンを購入したときは有線だったので結構、配線が邪魔で洗車する時に面倒くさかった記憶があります。

今みなさんがサイコンを買うなら断然ワイヤレスの方がおすすめですが、価格は有線の方が安いため、必要最低限の機能があれば満足という方は有線を選ぶのもありだと思います。

有線なら価格も1000円台なのでかなり低価格です。

最初に購入したのは有線式のサイクルコンピューター

私は現在、土日などの休日になるとロードバイクに乗っていますが、始めてサイクルコンピューターを購入した時は2000円程度の有線式のサイクルコンピューターを購入しました。

当時はロードバイクに乗り始めたばかりでサイクルコンピューターも速度が計測できれば良いと考えていたので一番安いタイプの物を購入しました。

有線式のサイクルコンピューターは配線をする必要があるので少しわずらわしさがありましたが、速度はちゃんと計測できていました。

ただ、だんだんとロードバイクにハマりだすともっと性能の良いサイクルコンピューターが欲しくなりネットで色々と探していたところ、評判の良かったキャットアイのストラーダ スリム CC-RD310Wを購入することにしました。

CC-RD310Wの特徴

CC-RD310Wはワイヤレス式のサイクルコンピューターで走行速度、最高速度、平均速度、走行距離、走行時間など一通りの数値を計測できるモデルで価格は4000円台で購入することができます。

CC-RD310Wが優れている点はサイズがコンパクトで軽量でありながら画面が大きく、走行中でも見やすくなっている所です。

また、ワイヤレス式なので有線のようなわずらわしい配線も無く、取り付けも簡単ですっきりします。

計測精度についても有線からワイヤレスに変えたことで若干不安がありましたが、特に問題なく計測することができました。

CC-RD310Wは必要最低限の機能が備わっていながらワイヤレスで取り付けも簡単なので初めてサイクルコンピューターを購入される方や速度や走行距離が計測できれば十分という方におすすめの製品です。

本格的にやるならケイデンス+心拍センサー付きのCC-RD430DWがおすすめ

ロードバイクの上級者になると速度や走行距離を計測するだけでは物足りないと感じる人も増えてきます。「もっと速く走りたい」「もっと長い距離を走れるようになりたい」と考える人はより詳しい情報が知りたくなってきます。

キャットアイが販売しているCC-RD430DWは速度や走行距離だけでなくケイデンスと心拍数も計測できる機能が備わっています。

ロードバイクの上級者になるとケイデンスや心拍数といったデータは非常に有益な情報となるので本格的に自転車を極めようと考えている方はこれらの数値を計測できる製品を購入するのがおすすめです。

CC-RD430DWは表示を切り替えればケイデンスを常時表示してくれるのでペダルの回転数を確認しながら走行することが可能です。

ワイヤレスなので取り付けも簡単で画面表示も大きくて見やすくなっています。

走行中にサイコンを見やすくするアイテム

サイクルコンピューターを走行中に見る場合、視線を下に向ける必要があるので一時的に前を見ないため危険が伴う可能性があります。

そこでおすすめなのがアウトフロントブランケットと言う製品です。この製品はステムに装着することでサイクルコンピューターが目線を少し下げるだけで見ることができるので走行中の安全運転に役立ちます。

取り付けも非常に簡単で価格も1200円ほどで購入できるのでおすすめです。

最後に

サイクルコンピューターは自分自身の走りを数字で確認することができるので自転車に装備すればより楽しく自転車に乗ることができます。

ロードバイク初心者の方は速度と走行距離が計測できるタイプの製品でも十分ですし、より本格的に自転車に乗る方はケイデンスや心拍数が計測できる製品を選ぶのがおすすめです。