デスクワークでの腰痛を改善するおすすめクッションを紹介!【IKSTAR】

スポンサーリンク

仕事柄長時間のデスクワークが続くと腰への負担が大きくなり腰痛になってしまう人がかなりいます。

腰痛は一度なってしまうと中々治りにくい物なので日頃からなるべく腰への負担を少なくすることが大切です。

私自身も仕事でパソコンを使用することが多いので長時間椅子に座ることで腰を痛めた経験があるので腰への負担には敏感になっています。デスクワークの腰痛対策にはクッションを使用するのがおすすめです。

そこで今回は腰痛対策におすすめのクッションを紹介したいと思います。

デスクワークで腰痛になる原因

人間は立っている状態よりも椅子に座っている方が腰への負担が大きくなるのはご存知ですか?

一説によると直立の状態よりも座っている状態の方が1.4倍腰に負荷が掛かっているそうです。ですから毎日のように長時間のデスクワークをこなしている人は必然的に腰への負担が大きくなっていることがわかります。

姿勢が悪い

デスクワーク中はどうしても前かがみになりがちなので猫背になってしまい腰への負担が大きくなります。なぜ猫背になると腰への負担が大きくなるかというと、頭や首が前に出ることで重心が前に掛かりすぎてしまい、腰への負担が大きくなるからです。

作業に集中していると無意識に猫背になる方が多いので腰への負担を避けるには背中が丸まらないように意識をすることが大切です。

正しい姿勢で作業するだけでも腰への負担はだいぶ小さくなるので日頃から姿勢を正すように心がけるようにしましょう。

長時間同じ姿勢でいる

長時間同じ姿勢でいるとどうしても筋肉が硬くなってしまうので血流が悪化し腰痛を引き起こします。筋肉が硬くなるのを防ぐには少しの時間で良いのでデスクワークの合間に軽く腰を回したり、背伸びをすることが大切です。

合間に筋肉を動かしてあげることで筋肉が硬くなるのを予防することができます。

腰への負担を減らすにはクッションがおすすめ

腰痛を防ぐ方法としてよく言われているのがストレッチをしたり、正しい姿勢で椅子に座ることです。

そしてもう1つ腰痛を防ぐのに効果的な方法がクッションを使用することです。クッションは椅子に座るときに掛かる腰への負担を上手く分散してくれる効果があるので腰痛対策におすすめです。

最近はネットで検索すれば腰痛対策用のクッションがすぐに見つかります。私も以前はクッションを使用せずに直接椅子に座っていましたが、それだとどうしても長時間椅子に座ると腰が痛くなることがあったのでクッションを使用するようになりました。

私の場合、最初は自宅にあった座布団のようなものをお尻の下に敷いていましたが、それだとあまり腰への負担が変わらなかったので腰痛用のクッションを購入することにしました。

私が購入したクッションはIKSTARの低反発クッションでAmazonで4000円ほどで購入したものです。

最初はこのクッションで本当に腰痛が改善されるのか不安がありましたが、実際に使用してみると長時間椅子に座っていても腰が痛くなることはありませんでした。

クッションを使用する前は椅子に座って数時間もするとかなり腰が痛くなっていましたが、クッションを使いだしてから腰に痛みを感じることはほぼ無くなりました。

腰痛が改善されたことでより集中して仕事に臨めるようになり作業効率もだいぶアップしました。今では仕事以外でも自宅で椅子に座るときもクッションを使用するようにしています。

IKSTARのおすすめクッション

IKSTAR 第三世代ヘルスケア座布団

IKSTARの低反発クッションの良い所は人間工学に基づいて作られているので腰への負担を上手く分散し、長時間椅子に座っても腰への負担が軽減されることです。

また、通気性にも優れ、夏場でも蒸れにくいので不快感もほとんどありません。カバーも2層構造になっているので清潔に保つことができます。

真ん中に穴が開いているので痔に悩まされている方にもおすすめのクッションです。

IKSTAR ランバーサポート 低反発クッション

このクッションは人間工学に基づいたフィルムが腰椎のS字カーブをしっかりとサポートし、腰への負担を軽減してくれます。

デスクワークや長時間の運転時はどうしても猫背になりがちなので、このクッションを使用することで自然に安定した姿勢を維持することができます。

その他のおすすめクッション

車、飛行機、新幹線に乗るときにおすすめ

このクッションは体圧を分散しつつ衝撃や振動を吸収してくれるので車や飛行機、新幹線などの移動中に使用するのに適したクッションです。

特に仕事柄、車を運転する方は長時間同じ姿勢でいることが多いのでこれを座席に置くだけでかなり腰への負担が減るはずです。

 腰への負担を軽減する円座クッション

このクッションは真ん中に穴が開いているので痔に悩まされている方にもおすすめのクッションです。低反発のウレタンフォームがお尻や骨盤の形に合わせて変形するので腰への負担を上手く分散してくれます。

また、カバーは自由に取り外しができるので常に清潔に保つことができます。

まとめ

腰痛用クッションを使用するようになり腰痛から解放されたことでかなり日常生活でのストレスも軽減されました。

腰を痛めてしまうと何をするにも痛みが伴ってくるのでかなり生活がしづらくなります。もしも現在腰痛に悩まされている方は少しでも腰への負担を軽減するためにクッションを使用することを考えてみるのが良いと思います。