読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

延長コードに延長コードを繋ぐのは問題ない?

家電
スポンサーリンク

自宅でテレビやパソコンなど電化製品を繋ぐときにコードの長さが足らず延長コードを使うことってありますよね?

でもふと思ったのですが、延長コードに延長コードを繋げるのって大丈夫なのでしょうか?

よく話を聞くのが、たこ足配線のように電源タップに電源タップを継ぎ足すと容量の上限をオーバーしてしまい、接触部が発熱を起こし最悪火事が起きてしまうことです。

何となくですが、あまり延長コードを何個も繋げるのは良くないような気がしますが、どうなのでしょうか。

基本的に延長コードに延長コードを繋いでも大丈夫

基本的に延長コードに延長コードを繋ぐことは問題ありません。

ただ、何個も延長コードを繋ぐと接触部分で余計な電力消費をする可能性があるため、電化製品に加わる電圧が低下する恐れがあります。

トラッキング現象に注意

延長コード同士を繋ぐことは問題ないと述べましたが、1つ注意が必要なのは「トラッキング現象」についてです。

トラッキング現象とは長期間、コンセントに電源プラグを差したままの状態で使い続けることで、コンセントとプラグの隙間にホコリが溜まり、そこに湿気が加わることで火花放電が繰り返され、やがてそこから放電され発熱を起こし、火災が発生することを言います。

延長コードに延長コードを繋ぐことは接触部分が増えることにもなるため、それだけトラッキング現象が発生する可能性が高まることになります。

日頃からちゃんと掃除をしていれば、ある程度リスクも抑えることはできますが、冷蔵庫の裏などの人の目が届きにくく、ホコリが溜まりやすい場所では特に注意が必要です。

まとめ

どうしても延長コードの長さが足らず、延長コードを継ぎ足す必要がある時は延長コード同士を繋いでも大丈夫です。

ただ、接触部はどうしてもホコリが溜まりやすくなるため、日頃からホコリが溜まっていないか、まめに確認するようにしましょう。

ちなみに自宅のコンセントの数が少なくて困っているという方は複数の差込口がある電源タップを使うのがおすすめです。

1つこのような電源タップを用意しておけば配線もスッキリしますし、見栄えも良くなりますよ。