糖質制限とチートデイダイエットの効果と正しいやり方

スポンサーリンク

あなたは今までにダイエットをしていて、ある日を境に、急に体重が減らなくなった経験はありませんか。 今まで通り、食事制限や運動もしているのになぜそのようなことが起きるのでしょうか。

 実は人間の身体は摂取カロリーが減ると、少ないエネルギーでも生きられるように消費するエネルギー量を抑えようとします。 そのため、摂取カロリーを減らしても基礎代謝も低下しているので、痩せにくくなるのです。

通常このようなダイエット停滞期は数週間~1ヶ月ほど続くのですが、あることを行うと停滞期を防ぐことができます。 それが今回紹介するチートデイというダイエット方法です。

チートデイでは1週間~2週間に1度、基礎代謝の3~4倍のカロリーを摂取する日を設けることで、基礎代謝の低下を抑え、停滞期を防ぐことができます。 チートデイを行う日は沢山食べることができるので、ストレス解消にも効果的です。

チートデイのダイエット効果

1.停滞期を防げる

長期間ダイエットをしていると、ほとんどの人は停滞期を経験します。 停滞期では今までと同じようにダイエットをしているのに体重が減らないので、そこで挫折してしまう人が多くいます。 チートデイはそのような事態を防ぐのに効果的な方法です。

停滞期が来るのを防ぐことができれば、ダイエット効率は確実に上がります。チートデイを設けることで少しでも辛い時期を少なくできるようにしましょう。

2.ストレス解消になる

ダイエット期間中は様々な我慢を強いられるので、どうしてもストレスが溜まりやすくなります。 しかし、たまにチートデイを設けて好きなだけ食べても良い日を作ることで、モチベーションを下げることなくダイエットを継続することができます。

毎日辛い食事制限をするぐらいなら、たまにはたくさん食べる日があった方が楽しみも増えます。

チートデイの正しいやり方

1.1週間~2週間に1度

チートデイをやる頻度は1週間~2週間に1度を目安にして下さい。 チートデイを設ける目的は、身体を少ない摂取カロリーに慣らさないようにするためです。

たまに沢山食べる日を設けることで、ちゃんとエネルギーを消費する必要があると身体を騙すのです。 そうすることで、停滞期を防ぎダイエットをスムーズに進めることができます。

2.好きなものを食べる

チー トデイでは沢山カロリーを摂る必要があるので、好きなものを食べて構いません。 人によってはチートデイであってもある程度食べるものに気を遣っている人もいますが、多くの人は日頃のダイエットで好きなものを食べるのを我慢しているの で、ストレス解消のためにも好きなものを食べるようにしましょう。

3.中途半端にやらない

チートデイでは身体を騙す意味でも沢山食べることが大事です。 ですから、中途半端に食べるようなことは避けるようにして下さい。

確かにチートデイの翌日は体重が2~3キロ増えることもあるので、不安になる人もいますが、次の日からまたダイエットを始めればすぐに体重は落ちていきます。

中途半端に食べても身体がエネルギーを消費する必要があると認識してくれないので、それだとチートデイを設ける意味がありません。 チートデイを行う日はダイエットのことは忘れて、好きなものを沢山食べるようにしましょう。

体脂肪率が高い人はチートデイは必要ない

チートデイを取り入れるダイエット方法は誰でもして良いというわけではありません。 体脂肪率が高めの人はチートデイを取り入れなくても体重は落ちていくので、ある程度体脂肪が減るまでチートデイは取り入れる必要はありません。

女性なら25%、男性は20%以上の人はチートデイは入りません。 体脂肪が高いのに体重が落ちないと悩んでいる人はダイエット方法が間違っている可能性があります。

まとめ

チートデイは沢山食べる日を設けることで、痩せやすくなるダイエット方法です。

しかし中には、チートデイに沢山食べたことで、食欲に歯止めがきかなくなり、翌日以降も沢山食べてしまう人もいます。

もしチートデイを取り入れると食欲を抑える自信が無い場合は、少し取り入れるのを慎重になった方が良いかもしれません。でももしも、今のダイエット方法に行き詰っている人はチートデイを取り入れてみてください。

ライザップ沖縄那覇店の口コミ