コードレス・吸引力などを考慮して車内用におすすめの掃除機を選んでみた

スポンサーリンク

車内は定期的に掃除をしないとあっという間に砂利やほこりなどで汚くなってしまいます。

車内が汚いと家族や友人を気軽に乗せることもできないので常に清潔に保ちたいものです。

そこで今回は車内を掃除するのにおすすめの掃除機を紹介していきます。

車内用掃除機の選び方

充電とシガーソケット

車内用掃除機を選ぶポイントとして充電式とシガーソケット対応のどちらが良いのかというのがあります。

昔はシガーソケット対応の掃除機が多い印象がありましたが、最近は充電式の掃除機の性能が上がったことで車内用の掃除機も充電式を選ぶ人が増えています。

もし充電式の掃除機を買うなら連続稼働時間がどれくらい持つのか確認してから購入するようにしましょう。

吸引力

車内はゴミやほこりはもちろんのこと、砂や石が溜まることがあるので吸引力もそれなりに必要になってきます。

吸引力が弱いとシートにこびり付いたホコリや砂利などを上手く吸引することができません。

吸引力が優れているのはサイクロン式掃除機ですが、その分バッテリーの消耗も早いので何を重視するかによって購入する掃除機が変わってきます。

重量

車内用掃除機は基本的に片手で扱えるハンディタイプの掃除機が主流ですが、あまり重量が重すぎると毎回掃除をする度に結構疲れるのでできるだけ重量が軽くて扱いやすい掃除機がおすすめです。

おすすめ掃除機

人によって吸引力や価格、機能性などどれを重視するのか違うと思いますが、それぞれ特徴のある掃除機を選んでみました。

吸引力で選ぶならダイソンが最強

とにかく吸引力が強い掃除機が欲しいという方はダイソンが一番おすすめです。

ダイソンの最大の特徴は何といっても他の掃除機には無い吸引力の高さです。ダイソンで車内を掃除すればホコリや砂利などをすべて吸い上げてくれます。

 ダイソン「DC61」は連続稼働時間が約20分と車内を清掃するには十分な運転時間が確保されていて、本体重量も1.22kgと軽量になっています。

もちろん車内だけでなく室内の掃除にも使用できる非常に性能の高いコードレスタイプの掃除機です。

コードレスで吸引力も高いマキタの充電式ハンディクリーナー

マキタのハンディクリーナーはコードレスタイプの掃除機として非常に人気の高い製品ですが、パイプを外して使用することもできるので車内用掃除機としても非常に優れた製品です。

コードレスタイプの掃除機は一般的に吸引力が普通の掃除機に比べると弱いと言われていますが、「CL182FDRFW」は18Vと非常にパワフルで連続稼働時間も標準で約40分となっています。

 紙パック式となっていてゴミに直接触れることなく捨てることができます。

値段も安くお手入れも簡単!車内専用クリーナー

値段も安くて車内を掃除するには十分な機能を備えた掃除機が欲しい方はシガーソケット対応の車内用掃除機「ピボットオート」がおすすめです。

この掃除機はシガーソケット電源対応の掃除機のため使用時間を気にせずに使用することが可能です。

値段も3000円台とダイソンに比べると安く、吸引力もそれなりにあります。サイズもコンパクトなので車内に積んでおけばいつでも気軽に掃除をすることができます。

お手頃な値段で手軽に掃除ができるハンディクリーナー

シガーソケット対応で3000円台で購入できるハンディタイプの掃除機です。

ダイソンなどと比べると吸引力は落ちますが、細かな石やほこりなども吸引してくれるので十分車内を清潔に保つことができます。

付属の専用ノズルを付け替えれば座席の隙間やシートなどの届きにくい部分も掃除することが可能です。

この掃除機は車内だけでなく室内でもハンディタイプの掃除機として使用することができます。

最後に

車内用の掃除機は軽量でコードレスタイプかシガーソケット対応の掃除機が適しています。

ダイソンのように吸引力が非常に高い掃除機であればかなり車内のホコリは吸い取ることができますが、そこまでの吸引力はいらないので価格が安い掃除機が欲しい方は価格重視で選ぶのもありだと思います。