読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

缶ビールの最強おすすめを紹介!

食品
スポンサーリンク

仕事から帰って一杯やりたい時に缶ビールは欠かせないものですが、最近は各メーカーから様々な種類のビールが販売されています。

そこで今回は缶ビールの中でも特におすすめのビールを紹介したいと思います。

缶ビールの美味しい飲み方

製造日の新しいビールを買う

ビールをおいしく飲むのは鮮度にもこだわりましょう。缶ビールには裏側に製造年月日が掛かれているので、できれば製造から1ヶ月以内の物を選ぶのがおすすめです。

グラスかジョッキで飲む

缶ビールはそのもも口を付けて飲むよりもグラスやジョッキに注いで飲む方が美味しく飲むことができます。グラスに注ぐことで泡をしっかりと立てることができるのでよりおいしく感じられます。

冷やし過ぎない

缶ビールはキンキンに冷やした方が美味しく感じられそうですが、あまり冷やし過ぎても泡立ちが悪くなるので、4度~6度ぐらいが一番おいしく感じられます。だいた冷蔵庫に入れてから5~6時間ぐらいで取り出すと良い感じの温度になります。

注ぎ方に注意

ビールをおいしくのためには注ぎ方にも注意する必要があります。

ビールの注ぎ方の手順

  1. グラスの上、だいたい30cmの高さから、一気にビールを注ぐ
  2. グラスの9割ぐらいまで注いだら、泡とビールの割合が1:1になるまで待つ
  3. 再び、グラスの9割くらいの高さになるまで、ビールを注ぐ
  4. 泡とビールの割合が4:6くらいになるまで待つ
  5. 最終的に泡とビールの割合が3:7になるように注ぐ

ビールの最強おすすめ10選

キリン ラガービール

120年以上の歴史のあるキリンラガービールは今なお多くの方に人気のあるビールです。ほどよい苦みと喉にグッとくる飲みごたえが特徴です。

サッポロ 麦とホップ <黒>

 黒ビールの本格的なコクと苦みを実現したビール。長期熟成製法を採用したことでバランスの良い苦みと味わいを生み出しています。

アサヒ クリアアサヒ

スッキリとした味わいと爽快な飲みごたえを実現したビール。クセがなく飲みやすいので、料理との相性も抜群でより料理の美味しさを引き立ててくれます。

サッポロ 黒ラベル

黒ラベルはロングセラー商品として未だに人気の高いビールです。麦のうま味とさわやかな味わいがバランス良くマッチしていて、つまみなどによく合います。

サッポロ ホワイトベルグ

ビール大国ベルギーの伝統的な製法を学び、華やかな香りと爽やかな味わいを実現したビールです。上質なベルギー産麦芽を使用し、キレ味抜群です。

5位 キリン のどごし生

生ビールの、のどごしの良さを徹底的に追求したビール。コクとキレにこだわり、スッキリとした味わいが特徴的です。

4位 サントリー ザ・プレミアム・モルツ

これまでに多くの賞を受賞していて、国内での人気も非常に高いビールです。スッキリとした味わいが特徴的で、香りも良くコクのあるのど越しが好きな方も多いと思います。

3位 ヱビスビール

上質な香りとコクのある味わいが特徴の麦芽100%ビール。厳選された麦芽だけを使用し、通常のビールの1.5倍の熟成期間をかけることで、しっかりとしたコクとまろやかな味わいを実現しています。

2位 キリン 一番搾り

一番搾り麦汁だけを使用した贅沢なビールのため、上品な味わいが飲んだ瞬間に口の中に広がります。全体的にバランスが良く、人気ランキングでも上位に来る理由がよくわかるビールです。

1位 アサヒスーパードライ

毎年ビールの人気ランキングでトップに君臨しているアサヒスーパードライは切れ味のある辛口が特徴のビールです。辛口な味わいが様々な料理と合うので、料理の美味しさをより引き立ててくれます。

ビールに合うおつまみ

柿の種

ビールのおつまみの定番と言えば柿の種です。程よい辛さとピーナッツの美味しさがビールによく合います。

生チーズのチーザ

濃厚なチーズ味のクラッカーがビールにとても合うので最高です。カリッと焼いたチーズの味わいが癖になります。

カルビー ポテトチップス うすしお味

うすしおのポテトチップスとビールは昔ながらの組み合わせで、一番合うと言っても良いほどです。適度な塩分とサクサクした食感がビールのおつまみにピッタリです。

ビールの正しい保存方法

日光を避ける

ビールを日光が射す場所で保存すると成分が変質し、味が変わってしまうので日光が当たらない場所で保存するようにしましょう。

高温・低温の場所を避ける

ビールは高温や低温にも弱いため、できれば10度~13度、夏場であれば18度程度の温度で保存するのがおすすめです。

ビールは高温過ぎても低温過ぎても成分が変質してしまうので、適温で保存することが美味しさを保つ上でポイントとなります。

強い衝撃を与えない

ビールは強い衝撃を与えると成分が変質してしまうため、冷蔵庫で保存する場合はドアポケットには置かないようにしてください。

ビールを美味しく飲める保存期間

ビールの賞味期限は一般的に9か月間とされていますが、あくまでも賞味期限は品質を保証する期間なので、長期保存すれば、味が変化する可能性は十分あります。

ですから本来の美味しさを味わうにはできるだけ早めに飲むのがおすすめです。

 ただ、アルコール度数の高いビールだとあえて長期保存することで熟成させ、味の変化を楽しむといった楽しみ方もできます。

ビール・発泡酒・第3のビールの違い

ビールには発泡酒や第3のビールといった種類がありますが、これらの違いは一体どこにあるのでしょうか?

まずビールというものは麦芽とホップのみで作られたものを言います。発泡酒は麦芽とホップ以外に大麦や米、糖類といった原材料が使用されていて、麦芽比率25%未満のものを言います。

そして第3のビールと呼ばれるものは麦芽を一切使用せず、ホップや糖類、酵母エキスなどを使用したものが分類されています。

なぜこれほどまでに分類されるようになったかというと、ビールの税率が高いために、より税率の低いビールを開発しようとしたからです。

原材料の違いによって酒税法による税率が変わってくるため、各メーカーがより税率の低いビールを開発した結果、発泡酒や第3のビールといったビールが作られるようになりました。

最近は発泡酒や第3のビールでもビールとほとんど変わらない美味しさを再現しているので、今後よりビール業界の争いは激しくなると思われます。