読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エアロバイク・アルインコ「AFB6010」の特徴を紹介!

筋トレ
スポンサーリンク

室内での運動は天気に左右されず、人の目も気にする必要がないため、気軽に始められるのがメリットです。

室内で運動ができる代表的な器具と言えばエアロバイクですが、今回はアルインコ「AFB6010」について紹介したいと思います。

AFB6010の特徴

アルインコ「AFB6010」は16段階の負荷調節に加えて、多彩なトレーニングメニューが搭載されているため、自分でメニューを考える必要がありません。

組み立ても一切不要ですぐに使用できますし、使用しないときは折りたたんでコンパクトに収納することも可能です。

使用体重制限は90kg、ハンドルは角度や高さも調節可能です。サドルも前後上下に調節可能なのでそれぞれの体型に合う最適なポジションで使用できます。

ハンドルやサドルの位置は意外と製品によっては調節不可だったり、調節できても少しだけしか動かせないということもあるのでAFB6010のように自由に位置を調節できるのは結構重要なことです。

静音性は抜群

室内でエアロバイクを使用する際に気になるのは騒音の問題ですが、AFB6010は音に関しては使用中もほぼ無音に近い状態で使用可能です。

ですから深夜に使用しても周りを気にすることなく思う存分運動することができます。

軽い運動であれば問題なく使用できる

AFB6010は激しい負荷を加えた運動はできませんが、ダイエットなど軽い負荷の運動を長時間する目的であればかなり優れた製品だと思います。

使用中は心拍数や走行距離、消費カロリーなど表示されるので、毎回目標を決めながら運動するのがおすすめです。

運動が苦手な方でもテレビを見たり音楽を聴きながら漕げば意外とあっと言う間に時間が過ぎていきます。

気になる点

ネットでAFB6010の口コミを見るとちらほらサドルが硬くてお尻が痛くなるという人がいるようです。

確かに、AFB6010のサドルは少し大きめで硬さもあるため、長時間漕いでいるとお尻が痛くなることもあります。

そのような場合は、サドルカバーを付けるのがおすすめです。サドルカバーを付ければクッションにより、お尻への負担も少なくなるのでかなり痛みも軽減されます。

AFB6010の詳細

  • 本体サイズ:幅47×奥行106×高さ122.5cm
  • 重量:25kg
  • サドル高:71.5-95cm(3cmピッチ9段階)
  • 電源:AC100V(50/60Hz)
  • 消費電力:3.5W
  • メーター表示:時間・速度・距離・カロリー・心拍数・運動量
  • 使用体重制限:90kg
  • 連続使用定格時間:30分

トレーニングメニュー

マニュアルモード
好きなペダル負荷で運動ができます
プログラムモード
あらかじめ用意された12種類のプログラム
持久力テスト
持久力(運動レベル)を判定します
ワットコントロールモード
運動量を設定し、その運動量を一定に保つようにペダルの負荷を自動調節できます
ユーザープログラムモード
自分でプログラムを作成できます
ハートレートコントロールモード
登録された年齢で理想的な心拍数を計算。
自動で負荷を調節、目標心拍数に近づけます。

その他の機能
体脂肪計測機能付き
体脂肪率を測定することができるので、運動効果が簡単に確認できます。
体力評価ボタン
運動後、1分間でどの程度心拍数が平常に戻ったかを6段階で評価します。

Amazonなら送料無料で購入可能

AFB6010は現在Amazonで29900円ほどの価格となっています。送料無料なのもありがたいです。

口コミ

ダイエット目的で購入しましたが、軽い運動であれば特に問題なく使用できます。組み立ても不要ですぐに使えるのも便利です。

ただ、サドルが少し硬いため長時間漕ぐとお尻が痛くなってくるためサドルカバーを別途購入しました。

運動不足解消のため室内でも身体を動かせるエアロバイクを購入しました。使用しない時は折りたたんで収納できるので邪魔になりません。

音もとても静かで夜中に漕いでもうるさくないのがとても良いです。

以前フィットネスクラブに通っていましたが、行くのが面倒くさくなり、退会してしまいました。

最近は運動していなかったのですが、エアロバイクなら自宅で気軽に運動ができると思い、購入しました。

今のところ、週に3~4回ほどエアロバイクを漕ぐようにしています。結構汗もかくので良い運動になっています。

価格も2万円ほどなのでジムに行くよりも安上がりです。