遮音性抜群!ぐっすり眠れるおすすめ最強の耳栓はこれだ!

スポンサーリンク

みなさんは睡眠を取る時に耳栓を付けていますか?耳栓はコンビニや100均などで安く買うことができるので低コストで質の良い睡眠を取る手助けをしてくれます。

私はいつも寝る時は耳栓を付けて寝ているのですが、耳栓を付けて寝ると周りの騒音にも邪魔されず質の良い睡眠を取ることができます。

耳栓を付けて寝ていなかった頃はちょっとした物音などで目が覚めてしまうこともあったので熟睡できないこともよくありました。

現在、私が使用している耳栓が「モルデックス」というメーカーの耳栓です。

モルデックスの耳栓はネットの評判も良く、価格も安いので愛用している人が多い耳栓です。

私はもうモルデックスの耳栓をするようになって、5年以上経ちますが、睡眠中以外にも仕事中や集中したいときにモルデックスの耳栓を付けることがあり、私の生活には欠かすことができないものとなっています。

耳栓の選び方

遮音性

耳栓選ぶ上で一番重視するのは何といっても遮音性です。そもそも耳栓をつける理由は周りの騒音を遮断したいという理由から付けるのであって当然といえば当然です。

耳栓の遮音性はNRRという数値で表すことができますが、目安としてNRR30dBを超えるとかなり遮音性が高い耳栓と言えます。

ちなみにNRR30dBというのは騒音を30dB小さくしてくれるという意味で、70dBの騒音であれば、40dBまで騒音を小さくしてくれることになります。

付け心地

遮音性とともに重要視されるのは付け心地です。いくら遮音性に優れていても耳栓を付けた時に痛かったり、違和感を感じるようでは長時間装着できないので意味がありません。

モルデックスの耳栓はフォームタイプの耳栓なので耳の穴にしっかりとフィットする製品が多いです。ただ、人それぞれ耳の穴の大きさや形にも違いがあるのでどの耳栓がフィットするかは試してみないとわかりません。

遮音値NRR33と最高品質を誇るモルデックス

耳栓の遮音性能はNRRと呼ばれる数値で示されますが、モルデックスの耳栓は最高値であるNRR33なのでかなり遮音性が高いことがわかります。

ただ、同じNRR33の耳栓であっても耳栓の種類によって高音の遮音性が高いものもあれば、低音の遮音性が高いものもあるので微妙に違いがあります。

モルデックスでは大きさや硬さの違う耳栓が何種類か販売されているのでいろいろと試していけば自分に合う耳栓が見つかると思います。

耳栓の寿命

モルデックスの耳栓はウレタン素材で出来ているのですが、何回も使用していると皮脂の汚れなどで徐々に遮音性が失われてきます。

私の場合だいたい1ペアにつき1ヶ月ほど使用していますが、1ヶ月ぐらいならそれほど遮音性も低下することなく使用することができています。

しかし、人によっては1週間~2週間ほどで交換している人もいるらしいのでその辺は個人の裁量に任せて良いと思います。

一度、耳栓を洗剤で洗えば皮脂も落ちて遮音性が元通りになるのではないかと思い試したことがあるのですが、水で洗ってしまうとむしろ遮音性が落ちるのでやはり使い捨てるしかないようです。

ちなみに、フランジタイプの耳栓だと水洗い可で繰り返し使用できますが、遮音性はフォームタイプに比べると劣るためやはり遮音性を考えるとファームタイプの耳栓がおすすめです。

遮音性はモルデックスの耳栓の中でもカモプラグが最強

モルデックスの耳栓には何種類かの耳栓があるのですが、その中でも私が使用しているのは「カモプラグ」と呼ばれる耳栓です。

なぜ私がカモプラグを使用しているかというとまず遮音性が抜群に良いことが挙げられます。

モルデックスの耳栓はどの種類でもかなり遮音性が高いのですが、その中でも特にカモプラグは遮音性が高くなっています。

カモプラグは他のモルデックスの耳栓と比べると若干硬めになっているので耳の穴が小さい人だと長時間つけていると耳が痛くなる可能性がありますが、とにかく遮音性の高い耳栓を探している人におすすめしたい耳栓です。

私の場合は幸いカモプラグを付けても耳が痛くならないので騒音に邪魔されることなく静かな環境で睡眠が取れています。

最初はお試しパックを購入するのがおすすめ

私がモルデックスの耳栓を使用する前はダイソーの100均で買える黄色の耳栓を使っていたのですが、初めてモルデックスの耳栓を使用した時は遮音性の高さに驚いた記憶があります。

私がモルデックの耳栓を初めて購入した時はAmazonで8種類の耳栓を試すことができるお試しパックを購入しました。

初めてモルデックの耳栓を購入する人はどの耳栓が自分に合うのかわからないと思うのでお試しパックを購入するのがおすすめです。モルデックスの耳栓は種類によって大きさや硬さが微妙に違うので自分の耳の形に一番合う耳栓が見つかるはずです。

耳が痛くなる人はメテオがおすすめ

私が愛用しているカモプラグは遮音性は高いですが、人によっては耳が痛くて付けることができない人もいると思います。

そういった人にはモルデックス・メテオならカモプラグに比べて素材が軟らかくできているのでおすすめです。

 遮音性はカモプラグに比べると若干落ちますが、長時間付けても耳があまり痛くならないので耳の穴が小さい人はこちらの製品を試してみると良いと思います。

 モルデックスの耳栓は価格も安く1ペア80円ほどで購入できます。私の場合は1ペアで1ヶ月ほど持つので年間で見ても1000円掛からないぐらいなのでとても経済的です。

年間1000円の費用で毎日の睡眠の質を上げることができるのでかなりお得な商品だと思います。

目覚ましの音は聞こえるのか?

寝るときに耳栓を付ける場合、気になるのがちゃんと目覚ましの音は聞こえるかということだと思います。

私も耳栓を付けるまでは目覚ましに気付かないのではと不安でしたが、問題なく起きることができました。確かに耳栓を付けると目覚ましのボリュームが小さくなりますが、普段通りの音量で十分目を覚ますことができます。

もしも心配な方は大音量の目覚ましを買うなどすれば余程寝起きが悪い人でなければ起きられるはずです。

アイマスクも一緒に付けるとより良い睡眠が取れる

質の良い睡眠を取るには騒音と光を遮断することが重要です。

寝る時に耳栓に加えてアイマスクも付ければちょっとした物音や街灯などを気にすることなく質の良い睡眠を取ることができます。私も今では睡眠時にはアイマスクと耳栓が必需品になっています。

耳栓が嫌ならイヤーマフという選択肢もある

人によっては耳栓だと耳が痛くなる人もいると思います。もしも耳栓がダメならイヤーマフという選択肢もあります。

イヤーマフはヘッドホンのような形をしているため、睡眠時に使用することはできませんが、集中したい時や騒音で周りが騒がしい時などに使用すると抜群の効果を発揮してくれます。

現在販売されているイヤーマフの中でも特に遮音性の高い製品が「ペルターイヤーマフX5A」です。

ぺルターX5Aは遮音性能がNRR31とイヤーマフの中でも最高レベルの遮音性能を誇ります。このイヤーマフのみでも高い防音効果を期待できますが、耳栓を付けた状態でぺルターX5Aを装着するとほぼ無音に近い状態になるのでとても静かに感じます。

まとめ

睡眠中のちょっとした物音や騒音が気になる方は耳栓を付ければかなり睡眠環境が改善されるはずです。

年間にして1000円程度のコストで落ち着いた環境で睡眠が取れるのであれば付けない理由は無いと思います。

安眠には睡眠サプリがおすすめ

 「十分寝ているのに疲れが抜けない」「朝いつも目覚めが悪い」など睡眠に悩んでいる方は多くいます。

「リフレのぐっすりずむ」はそんな睡眠の悩みを改善してくれる睡眠サプリです。

ぐっすりずむに配合されているL-テアニンにはストレスを和らげたり、睡眠の質を改善する効果が期待できます。

薬ではなく、サプリメントなので安心して飲むことができる点もありがたいです。

公式サイトはこちら⇒リフレのぐっすりずむ